二重マスク、米の感染予防ガイドラインで推奨 「リスク大幅低減」…かなり誤解を招く記事です。

二重マスク、米の感染予防ガイドラインで推奨 「リスク大幅低減」
以下は、記事の抜粋です。


米疾病対策センター(CDC)は2月10日、新型コロナウイルス変異株の拡大を受け、感染予防ガイドラインを更新した。医療用の不織布マスクの上に布製マスクを着用する「二重マスク」が初めて推奨の一つに加わった。「自身の感染と相手にうつすリスクを大幅に低減できる」としている。

米国ではマスク着用を奨励するバイデン大統領ら政権幹部が二重マスクを実践。ファッションとして取り入れる市民も増えている。

CDCは実験の結果、医療用や布マスク単体の着用で飛沫(ひまつ)の付着が42~44%防げたのに対し、二重の場合は95%以上の抑止効果があったと説明した。ただ、マスク単体でも鼻の部分にワイヤーが入っているものを使い、ひもに結び目を作りすき間をなくすことで、単体でも同様の効果が上げられるとも説明している。


元記事のタイトルは、”Maximizing Fit for Cloth and Medical Procedure Masks to Improve Performance and Reduce SARS-CoV-2 Transmission and Exposure, 2021″です(発表をみる)。記事では「ガイドライン」と書かれていますが、レポートです。以下は、その要約です。


このトピックについてすでに何がわかっていますか?

COVID-19の蔓延を遅らせるために、常にマスクをすること(universal masking)を勧めます。 布製マスクと(不織布の)医療用サージカルマスク(medical procedure mask)は、感染した着用者からの飛沫やエアロゾルの拡散を大幅に減らし(ソース管理)、感染していない着用者の曝露を減らします(着用者の曝露)。

このレポートによって何が追加されますか?

CDCは、サージカルマスクのフィット感を改善する2つの方法を評価するための実験を実施しました。1つは布製マスクを医療処置マスクに装着する方法、もう1つは医療処置マスクの耳のループを結び、余分な素材を顔の近くに押し込んで平らにする方法です。 それぞれの変更により、ソース管理が大幅に改善され、着用者の露出が減少しました。

公衆衛生への影響は何ですか?

これらの実験は、マスクの性能を最大化するための適切な適合の重要性を強調しています。 COVID-19の蔓延をより効果的に遅らせるために、マスクのよりよくフィットするための簡単な方法を風数紹介します。


元のレポートから明らかなように、マスクを二重にするのを勧めているのではなく、サージカルマスクをぴったりと装着することを勧めています。そのために布製のマスクを上から被せるのです。これらの実験には、布の上に布、サージカルマスクの上にサージカルマスク、または布の上にサージカルマスクなど、マスクの他の組み合わせは含まれていませんでした。誤解しないでください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました