2010-04

医学・医療・健康

配合剤が相次ぎ登場、香川大学医学部 “玉虫色の決着”

【乱立する配合降圧剤】医療・経済ベースでの検証が必要‐日本アプライド・セラピューティクス学会 以下は、記事の抜粋です。 相次いで登場する高血圧治療薬の配合剤をめぐる開発戦略の妥当性が、4月25日に都内で開かれた日本アプラ...
医学・医療・健康

脱パルミトイル化酵素阻害薬による細胞内Ras分布のかく乱とがん治療への可能性

Small-molecule inhibition of APT1 affects Ras localization and signaling 以下は、論文の要約です。 脱パルミトイル化と再パルミトイル化のサイクルは膜...
医学・医療・健康

「iPS細胞」多能性に限界?

「iPS細胞」多能性に限界 一部遺伝子の働きで識別 以下は、記事の抜粋です。 新型万能細胞「iPS細胞」の多くは一部の遺伝子が働いていないため、さまざまな細胞に分化する能力(多能性)に限界があるとのマウスでの研究結果を、...
生活・社会・政治

「事業仕分け第2弾」対象独立行政法人、「農業生物資源研究所」がクローン豚を老衰で安楽死

クローン豚「ゼナ」老衰で安楽死 生存期間9年8カ月 以下は、記事の抜粋です。 独立行政法人農業生物資源研究所などは4月22日、2000年に国内で初めて誕生した体細胞クローン豚「ゼナ」が、老衰により起立不能になったため安楽...
医学・医療・健康

健診にうつ病追加を検討?、タコが大腸がんや肥満に効く?

厚労相、健診にうつ病追加を検討 労基署などを初視察 以下は、記事の抜粋です。 長妻昭厚生労働相は4月19日、労働者の健康診断の項目にうつ病を加えることが可能かどうか、来年度の法改正も含めて検討していく考えを示した。東京都...
医学・医療・健康

成体マウスでβ細胞を99%以上なくすと、α細胞がインスリン分泌細胞に変化する。

Conversion of adult pancreatic α-cells to β-cells after extreme β-cell loss 以下は、論文の要約です。 すい臓でインスリンを産生するβ細胞の寿命は...
芸術・エンタメ・いろいろ

New York State of Mind

New York State Of Mind / Billy Joel 「休みをとって、マイアミやハリウッドに行きたがる人がいるけど、僕はグレイハウンドバスに乗ってハドソン川沿いを走る。心はもうニューヨークに飛んでいる」 ジャズ...
医学・医療・健康

アルツハイマー型認知症の貼り薬

ノバルティスと小野 認知症用薬リバスチグミンを承認申請 国内初の貼付剤 以下は、記事の抜粋です。 ノバルティス ファーマと小野薬品は3月1日、共同開発したアルツハイマー型認知症治療薬リバスチグミンの貼付剤について、2月26日に承認申...
医学・医療・健康

肺がん死なぜ減らない?喫煙率下がってるけど、カレンダー「春編」公開

カレンダーが「春編」に変りました(記事は後)。 肺がん死なぜ減らない?喫煙率下がってるけど 以下は、記事の抜粋です。 たばこは、がんの原因の3分の1を占めるとされる。なかでも肺がんは、喫煙と強く関係しており、喫煙者...
医学・医療・健康

サイクロフィリン阻害剤「SCY-635」のC型肝炎ウイルス(HCV)治療薬としての可能性

C型肝炎感染症薬を欧州の学会で発表へ C型肝炎感染症薬の良好な耐性プロファイル発表 以下は、記事の抜粋です。 創薬企業の米サイネクシスは、同社のサイクロフィリン阻害剤「SCY-635」に関する複数の学会発表アブストラクトが受理...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました