教育・研究・大学

教育・研究・大学

年齢と性別はシャチの社会的相互作用に影響するらしい

シャチは仲間と深い友情を育む。若いシャチは年齢の近い同性と仲良く行動を共にすることが判明 以下は、記事の抜粋です。 英エクセター大学やクジラ研究センターなどの研究グループは、ドローンを利用することで、海面で営まれるシャチの群...
医学・医療・健康

ACE阻害薬ではなくARBの使用により、認知症およびアルツハイマー病リスクの有意な低下が認められた。

RAAS系阻害薬と認知症リスク~メタ解析 以下は、記事の抜粋です。 イタリア・東ピエモンテ大学のLorenza Scotti氏らは、すべてのRAAS系阻害薬(ARB、ACE阻害薬)と認知症発症(任意の認知症、アルツハイマー病...
教育・研究・大学

カブトムシはシマトネリコという木では昼間も活動する…ホストによって日内活動時間が異なる

「カブトムシは夜行性」の常識覆す 小6の自由研究に大学講師も脱帽 以下は、記事の抜粋です。 「日本に生息するカブトムシは完全な夜行性」という常識を覆した山口大学の研究成果が話題になりました。新知見もさることながら、論文の第一...
教育・研究・大学

顔立ちと知性や精神疾患には関連性がなく、顔で賢さは判断できない。

顔で賢さは判断できない。知性と顔立ちには関連性がないことが遺伝学研究で明らかに 以下は、記事の抜粋です。 ヨーロッパ人の祖先を持つおよそ2万人を対象としたゲノムワイド関連解析が実施された。その結果、顔立ちや脳の形状に影響を与...
生物・自然・環境

羊のメスはオスを選ぶのも草食系。支配的なオスよりも序列の低い従属的なオスを選ぶ

羊のメスはオスを選ぶのも草食系。強いオスよりも従順でおとなしいオスを選ぶ 以下は、記事の抜粋です。 動物の世界では強いオスの方がメスにモテるイメージがある。これまで、家畜として飼われているヒツジの間では、支配的なオスの方がよ...
教育・研究・大学

読売新聞「千人計画」特集が覆い隠す日本の基礎科学の危機

読売新聞「千人計画」特集が覆い隠す日本の基礎科学の危機 読売新聞が広めようとしている「陰謀論」が詳しく説明されています。以下は、記事の抜粋です。 下記は1月以降読売新聞が「千人計画」に関連し掲載した主な記事である。ウェブ上の...
教育・研究・大学

コナジラミは、植物毒素を中和する植物解毒遺伝子をハイジャックした

植物の遺伝子を「食べる」ことで獲得した昆虫を発見! 植物から動物へ遺伝子が水平伝播する 以下は、記事の抜粋です。 食べることで相手の遺伝子を取り込む…。そんなSFのような現象が動物と植物の間に起きていたようです。コナジラミと...
医学・医療・健康

昼寝の多さは自己責任ではなく遺伝? 昼寝と生活習慣病に関わる遺伝子を発見

昼寝の多さは自己責任ではなく遺伝? 昼寝と生活習慣病に関わる遺伝子を発見 以下は、記事の抜粋です。 最近、ハーバード大学の研究グループが昼寝の頻度と関連する遺伝子を多数見つけ、その多くが生活習慣病と関連していることを明らかに...
医学・医療・健康

潰瘍性大腸炎、患者の90%が持つ自己抗体(インテグリンαVβ6に対する)を発見

潰瘍性大腸炎、患者の90%が持つ自己抗体を発見 以下は、記事の抜粋です。 潰瘍性大腸炎(UC)は、その発症に免疫系の異常が関連していると考えられているが、原因はいまだ解明されておらず、国の指定難病となっている。京大の塩川助教...
医学・医療・健康

薄毛男性型脱毛症(androgenetic alopecia、AGA)の治療薬proxalutamide(プロキサルタミド)がCOVID-19治療薬になる可能性

経口アンドロゲン受容体抑制薬がCOVID-19万能薬に? 以下は、記事の抜粋です。 経口のアンドロゲン受容体抑制薬が外来と入院を問わず新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)に有効なことがブラジル...
タイトルとURLをコピーしました