新型コロナウイルス、症状発現の1週間前でもPCR検査陽性

介護施設における症候性SARS-CoV-2感染と感染症
以下は、New England Journal of Medicineに掲載された論文の要約の和訳です。英語のタイトルは、”Presymptomatic SARS-CoV-2 Infections and Transmission in a Skilled Nursing Facility”です(論文をみる)。

背景
重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2(SARS-CoV-2)感染症は,介護施設内で急速に感染が拡大する可能性がある.介護施設で Covid-19 の症例を同定した後,感染の伝播を評価し,入所者の感染を同定するための症状ベースのスクリーニングの妥当性を評価した.

方法
我々は、施設の入所者にリアルタイム逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(rRT-PCR)、ウイルス培養、塩基配列決定を含む SARS-CoV-2 の鼻咽頭および口咽頭検査を受けてもらい、1 週間間隔で 2 回の連続ポイント有病率調査を実施した。過去 14 日間に発現した症状を記録した。陽性と判定された無症状の居住者は、7 日後に再評価された。SARS-CoV-2 感染者は、典型的な症状(発熱、咳、息切れ)を伴う症状のある居住者、非典型的な症状のみを伴う症状のある居住者、前症状のある居住者、または無症状の居住者に分類された。

結果
この介護施設の入所者で最初に陽性反応が出た3月3日から 23 日後、入所者 89 人中 57 人(64%)が SARS-CoV-2 の陽性反応を示した。3月10日の時点での陽性率調査に参加した76人の入所者のうち、48人(63%)が陽性と判定された。これら48人のうち27人(56%)は検査時に無症状であったが、その後24人が症状を発症した(発症までの期間の中央値は4日)。これらの24人の無症状の居住者から採取したサンプルのrRT-PCRサイクル閾値の中央値は23.1で、17人の居住者から生菌ウイルスが回収された。4月3日の時点で、SARS-CoV-2感染者57人のうち、11人が入院(3人は集中治療室)し、15人が死亡した(死亡率、26%)。34人の住民の検体のうち、27人(79%)が1ヌクレオチドの違いで2つのクラスターに収まる配列を持っていた。

結論
この介護施設では、SARS-CoV-2 の急速かつ広範囲な感染が実証された。検査結果が陽性であった入所者の半数以上は検査時に無症状であり、感染の原因となった可能性が高かった。この施設に SARS-CoV-2 の感染が確認された後、症状のある入居者のみに焦点を当てた感染制御戦略では、感染を防ぐのに十分ではなかった。


上の結論に書かれているように、コロナウイルスに感染している(PCR検査陽性)の48人中27人が無症状というのは、既に報道されていることですが重要な事実です。またその中の3人は発症しなかったということは、介護施設に入るような高齢者でも、約6%は感染しても症状が出ないで終わる、つまり普通の生活をしてウイルスを撒き散らす可能性があるということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする