エアコンの気流に乗って離れた席にも新型コロナウイルスの感染が広がる

エアコンの風で感染の可能性 中国のレストランでの事例が報告 新型コロナ
2mの距離を置くだけではダメで、エアコンの風の下流も感染の危険があるという記事です。以下は、抜粋です。


アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のオープンアクセスジャーナル『新興感染症』に4月2日に発表された報告によれば、中国においてレストランのエアコンが原因で新型コロナウイルスの感染が広がった可能性があることが判明した。

◆エアコンの風の通り道で広がった感染
1月24日に広州のレストランで起きたとされる集団感染を検証した。この日、レストランXで昼食をとった83名のうち10名がその後新型コロナウイルスの症状を呈した。10名はA、B、Cの3家族のメンバーで、このうち感染源は家族AのメンバーA1だと考えられる。同報告書に添えられた図を見ると、3家族が座した丸テーブル3台は部屋の奥の壁に面して左から家族B、家族A、家族Cと横一列に並んでおり、家族Bのテーブルの左手と家族Cのテーブルの右手もともに壁である。この部屋にはエアコンが2基装備されているが、そのうちの1基は家族Cのテーブル右手の壁に固定されている。

研究者らは「考えられる感染経路を調べた結果、この集団感染の原因として最も可能性が高いのは飛沫感染であるという結論に至った」と述べている。A1とほかの感染者らは1メートル以上離れていたことから、「この発生におけるウイルス感染は、通常の飛沫感染だけでは説明できない」と考えるのだ。つまり、「エアコンからの強い気流により、飛沫の液滴がテーブルCからテーブルA、次にテーブルB、次にテーブルCに伝播した可能性がある」のだ。

◆エアコン利用は換気とセットで
研究者らも認めるように、この報告は万全なわけではない。しかし、同報告書が喚起するように「重症急性呼吸器症候群および中東呼吸器症候群ウイルスについては、すでにエアロゾルによる伝播の可能性が報告されている」。新型コロナウイルスにおいても可能性があると考えるのは、むしろ自然なことであろう。また、同じ部屋に置かれたテーブル10台のうち、同一エアコンの気流の通り道にあたる3テーブルのみで感染が引き起こされた事実を見ると、エアコンが飛沫を拡散させた可能性は高いように思える。

医学分野のプレ・プリントサイト『medRxiv』に4月7日に発表された研究は、湖北省を除く中国での感染例を調査したものだが、これによれば、「3人以上への集団感染は、すべて屋内で発生している」という。

屋内での感染の危険性については日本でもかねてより、注意喚起がなされているが、これから夏日を迎え頻繁になると思われるエアコン利用時には、さらなる注意を払いたい。上にあげた調査報告書はどちらも、換気の重要性を説いている。


これから夏にかけて、エアコンをつけながら換気するのは難しくなります。マスクもしにくくなります。夏にコロナウイルスが弱ることを祈るだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする