コルヒチンはCOVID-19関連の合併症のリスクを軽減する

コルヒチンはCOVID-19関連の合併症のリスクを軽減する…COLCORONA試験の肯定的な結果は、コルヒチンが非入院患者の治療に使用できる唯一の経口薬であることを示している
カナダのモントリオール心臓研究所(Montreal Heart Institute、MHI)が1月22日に発表しました。以下は、発表の抜粋(和訳)です。


モントリオール心臓研究所(MHI)は、COLCORONA臨床試験において、COVID-19に対するコルヒチンの有効性について臨床的に説得力のある結果が得られたことを発表した。本試験の結果、コルヒチンはプラセボと比較してCOVID-19患者の死亡・入院リスクを21%減少させたことが示された。

この結果は、全世界の4488人の患者について得られたもので、統計的な有意性に近いものだった。鼻咽頭PCR検査でCOVID-19の診断が証明された4159人の患者の分析では、コルヒチンの使用はプラセボと比較して死亡または入院のリスクを統計学的に有意に減少させることが示された。COVID-19の診断が証明されたこれらの患者において、コルヒチンは入院を25%、機械的人工呼吸の必要性を50%、死亡を44%減少させた。この大きな科学的発見により、コルヒチンはCOVID-19の非入院患者の治療に使用できる世界初の経口薬となった。

「我々の研究は、『サイトカインストーム』現象を防ぎ、COVID-19に伴う合併症を軽減するコルヒチン治療の有効性を示しています。我々は、世界で初めての経口薬を提供できることを嬉しく思います。」と、MHIリサーチセンター長であり、モントリオール大学医学部教授、COLCORONA試験の治験責任医師であるJean-Claude Tardif博士は述べています。

COVID-19の診断がPCRで確認されたらすぐにコルヒチンで合併症のリスクがある患者さんを治療することで、重症化のリスクを減らし、結果として入院の回数を減らすことができます。コルヒチンを患者さんに処方することで、病院の混雑の問題が緩和され、医療費の削減につながる可能性があります。

「我々の革新的な研究プログラムは、モントリオール心臓研究所が既存の薬剤を再利用することで、患者さんのために経済的に可能な方法で科学的なブレークスルーを迅速に行うことができることを証明している」とJean-Claude Tardif博士は続けている。

COLCORONAは、コルヒチンがCOVID-19に関連する重篤な合併症のリスクを低下させるかどうかを決定するために設計され、非接触、無作為化、二重盲検、プラセボ対照の臨床試験で、自宅(非入院)の患者に対して行われた。カナダ、米国、欧州、南米、および南アフリカで実施された。COLCORONAは、登録時に入院しておらず、COVID-19の合併症の危険因子が少なくとも1つあるCOVID-19患者約4,500人を対象に実施されました。本試験は、入院していないCOVID-19患者を対象とした経口投与試験としては世界最大規模のものである。

COLCORONAは、モントリオール心臓研究所のモントリオール・ヘルス・イノベーション調整センター(MHICC)によって調整され、ケベック州政府、米国国立衛生研究所(NIH)の国立心臓・肺・血液研究所、モントリオール慈善家のSophie Desmarais、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、Wellcome、Mastercardが立ち上げたCOVID-19 Therapeutics Acceleratorの資金提供を受けた。CGI、Dacima、Pharmascience of Montrealも本試験に協力した。


コルヒチン(colchicin)は、痛風による炎症を選択的に抑制します。メカニズムは、細胞内の微小管に結合し、顆粒球の炎症部への移動や炎症関連蛋白質の遊離を抑制することによるとされています。たしかにサイトカインストームには効きそうです。

実績のある研究者の発表ですのでかなり信用できると思います。日本でも琉球大学と横浜市大などがコルヒチンのCOVID-19に対する有効性を調べる医師主導の治験を開始するというニュースがありました(記事をみる)。コルヒチンは非常に安価な薬で1日1錠(0.5mg)の服用だと7.1円です。こんんな薬をCOVID-19の経口薬として感染初期から使うことで入院や重症化や死亡を有意に防げるとすれば本当にGood Newsだと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました