ネイマールの差別発言について

ネイマールが酒井宏樹に差別発言か「クソみたいな…」
以下は、記事の抜粋です。


パリ・サンジェルマンのFWネイマールがマルセイユのDF酒井宏樹に対し、人種差別的な発言を行った疑惑が浮上している。スペイン『エル・パルティダソ・デ・コペ』が伝えた。

9月13日に開催されたフランス・リーグアン第3節でパリSGに1-0で勝利したマルセイユ。終盤に乱闘が起こり、両チーム合わせて5人が退場する大荒れのゲームだった。

ネイマールはDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったとしてレッドカードを受け、2試合の出場停止処分。試合後にはA・ゴンサレスから人種差別を受けたと訴えていたが、自身も同様の疑いがかけられているようだ。

同メディアは公式ツイッター(@partidazocope)で「マルセイユは、ネイマールが酒井宏樹を『クソみたいな中国人』と呼んだことを証明するいくつかの映像を押さえている」と言及。事実であれば、ネイマールにさらなる処分が科される可能性もある。


ネイマールが酒井に対し、ラテンアメリカで中国人を侮辱する言葉の「Chino de mierda(クソみたいな中国人)」と発言したと伝えられています。

別の記事によると、ネイマールは試合後、A・ゴンサレスから人種差別的な言葉を投げかけられたと自身のSNSに投稿。サッカー界から人種差別を一掃することを訴えたそうです。そういうネイマールも黄色人種を差別しているようです。本性が露になったということでしょうか。

また別の記事によると、Chinoとはポルトガル語で「中国人」という意味を持ち、人によって「アジア人の総称」として捉えているだけでなく、使い方次第では差別用語にもなり得る「アジア人に対する蔑称」としても用いられているようです。ネイマールは酒井に対し、この「Chino」だけでなく「mierda(クソ)」という不適切な語句を付け加えたようです。やはりアジア人特に黄色人種に対する蔑称として使われたのでしょう。

日本は島国で、多くのヒトは観光客ぐらいしか外国人と直接は会うことは少ないので差別される経験は少ないと思いますが、黄色人種を差別する他の人種は少なくないです。また、差別をするヒトにとってみれば、日本人も中国人も韓国人も北朝鮮人も同じです。おそらく、COVID-19感染の広がりが黄色人種以外による黄色人種の差別を増強しています。

子供の頃は、自分が大人になる頃には戦争や差別はなくなるような気がしていました。残念ながら、この考えはぜんぜん甘かったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする