「米国疾病対策予防センター(CDC)と英国国立衛生研究所の両方が推奨する」しゃっくりの止め方 

How to get rid of hiccups, according to science(科学的なしゃっくりの止め方)
以下は、記事の抜粋の和訳です。


しゃっくりは一般的に無害で自分で解決するものであるため、エビデンスに基づいた治療法を提供する研究はほとんどありません。また、実験室でボランティアに命令でしゃっくりをさせることはできないので、しゃっくりを研究するのはさらに難しい。

しゃっくりは、横隔膜と外側の肋間筋が突然不随意に収縮し、急激な吸入を引き起こすと起こります。その数秒後に声帯が閉じて空気の流れを遮断し、これが特徴的な「しゃっくり」という音につながります。

しゃっくりは、明らかな理由もなく突然始まることもありますが、通常は飲食の際に急激に起こることが多いです。基本的に、空気の流れの突然の詰まりは、この反射を引き起こす可能性があります。

中には何日もしゃっくりが続く人もいます。いくつかのケースでは、永続的なしゃっくりは、基礎疾患の兆候である可能性があります、それはそれが48時間以上続く場合は、医師を呼び出す必要があります理由です。

問題は、対照医療試験のような健全な科学に基づいた代替治療法がないことです。2013年に行われた成人の永続的で難治性のしゃっくりを治療するための介入のレビューでは、”しゃっくりに対する特定の治療法を推奨するには十分な証拠がない “との結果が出ています。

最も一般的な民間療法の一つは、息を止めたり、紙袋に息を吹き込むことです。ここでは、自宅で安全に試せる2つのテクニックを紹介します。

息を吸って10秒ほど息を止め、ゆっくりと息を吐く。このパターンを3~4回繰り返します。しゃっくりが解決しない場合は、20分後に繰り返します。

紙袋に息を吹き込む – しかし、袋で頭を覆わないでください。

もう一つの一般的に使用される民間療法は、一般的にしゃっくりの引き金となるのと同じ動作を使います:食べたり飲んだり。いくつかのヒントが含まれています。

氷水をうがいする。
非常に冷たい水をゆっくりとすくいます。
舌の上にレモンのスライスを置き、甘いもののようにそれを吸う。
グラニュー糖をひとつまみ舌の上に乗せ、5~10秒ほどその場に置いてから飲み込む。

あるいは、特定のツボを活性化してしゃっくりを和らげることもできます。

舌を引き出し、指で先端を保持し、引っ張る。
それでもダメなら(通常はダメだが)、横隔膜を優しく押してみるといい。
飲み込みながら鼻の両側を優しく押す。
上記のすべての方法は、米国疾病対策予防センター(CDC)と英国国立衛生研究所の両方によって推奨されています(記事にそう書いてありますが、引用は見つかりませんでした)。


これが確実というものはなさそうですが、試してみる価値はありそうです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました