新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開
以下は、記事の抜粋です。


経済産業省は5月22日、新型コロナウイルスの除去に有効な界面活性剤とそれを含む住宅用、台所用の洗剤リストを公開した。アルコール消毒液の代わりに物品の消毒などに使えるという(リスト全体をみる)。

経済産業省が公開した洗剤のリスト(一部)

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)など5つの界面活性剤を挙げた。経産省では、これらを含む家庭用洗剤のリスト(PDF)と啓発用のポスターを作成。洗剤のリストには花王の「かんたんマイペット」や「バスマジックリン」、P&Gの「ジョイ」、ライオンの「ママレモン」「チャーミーマイルド」などなじみ深い製品が並ぶ(ポスター全体をみる)。

有効と判断した界面活性剤は以下の通り。

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
  • アルキルグリコシド(0.1%以上)
  • アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
  • 塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

経産省は4月中旬に独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に界面活性剤の有効性評価を依頼。その報告を受け、5月21日に開催した「有識者による検討委員会」で判断した。なお、NITEは中間結果として塩化ベンゼトニウムと塩化ジアルキルジメチルアンモニウムも有望だとしている。

経済産業省が作成した啓発ポスター(一部)


ここに書かれている洗剤はすべていわゆる「合成洗剤」ですが、これらの界面活性剤による抗ウイルス効果が、ウイルスエンベロープの脂質二重膜や膜タンパクを変性させることによるものだとすれば、「牛乳石鹸」などの普通の石鹸(脂肪酸ナトリウム)でも有効だと思います。手洗いに一番普及しているはずなので、ぜひ調べて報告して欲しいと思います。

一方、慈恵医大の近藤氏の記載によると、合成洗剤では不完全だという可能性もあります。以下がその記載の抜粋です。


一般に、エンベロープウイルスは、エンベロープ上にあるタンパク質を使って細胞に侵入します。ウイルスのエンベロープは脂質二重膜からできているので、低濃度のアルコールや界面活性剤(洗剤)で簡単に破壊され、感染性を失います。

 ところが、新型コロナウイルスの場合は、図1に示すスパイク蛋白を使って細胞に侵入します。そして、スパイク蛋白はウイルスの構造に深く突き刺さっているので、エンベロープを破壊しても取り去ることができず、完全には感染性を失いません。腸管内でも感染性を保っているのが、その証拠です。

このため、新型コロナウイルスの消毒には、スパイク蛋白を変成することができる70%以上のエタノールや次亜塩素酸ナトリウムを使用する必要があります。一般的に使用されている消毒液にはエンベロープの破壊を目的に、低濃度のアルコールと界面活性剤を配合したものもありますが、新型コロナウイルスの場合は感染性を完全に無くすことはできない可能性があります。このため、少なくとも医療現場では、このような消毒剤の使用を避けた方が無難だと思われます。

ちなみに、消毒薬に抵抗性のあるウイルスに対して、最も有効な手段は洗浄です。皮膚の表面にあるウイルスを石鹸で浮かせて、水やお湯でしっかりとウイルスを洗い流すことが必要です。


いろいろな報告や記載を総合すると、消毒薬などの殺菌力に頼らず、普通の石鹸でもしっかりと手洗いをすることが、手指の消毒には一番有効だと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました