医学・医療・健康

肥満治療薬、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬セマグルチド(リベルサス、オゼンピック)

だセマグルチド、12~18歳でも優れた抗肥満効果 以下は、記事の抜粋です。 グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬セマグルチドは、成人の肥満治療薬として欧米で承認を得ている。オーストリアのDaniel Weghu...
医学・医療・健康

政府分科会の尾身茂会長も薬のことはわかっていないようです。

尾身会長に単独インタビュー「“第8波”は緊急事態宣言や重点措置出しても意味がない」対策や見通し明かす 以下は、記事の抜粋です。 新型コロナの「第8波」に入りつつあるという認識を示した政府分科会の尾身茂会長がBBTの単独インタ...
医学・医療・健康

「糖尿病」の名称変更、医師は賛成?反対?

「糖尿病」の名称変更、医師は賛成?反対? 最近、1型糖尿病の患者さんから「糖尿病という名前を変えてほしい。」と言われました。気になるアンケート結果です。以下は、抜粋です。 日本糖尿病協会が「糖尿病の病名に関するアンケート」を...
生活・社会・政治

元ドイツ代表フィリップ・ラーム氏、カタールでのワールドカップ開催は「間違い」

元独代表ラーム氏、カタールでのワールドカップ開催は「間違い」…「現地に行くことはない」とも 以下は、記事の抜粋です。 元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏が13日、ドイツメディア『ツァイト』に寄稿するコラムにて、FIFAワー...
生活・社会・政治

“バンクシー”がウクライナに

“バンクシー”がウクライナに? 目撃情報「5人で」「動作速く」「一番年上が…」 以下は、記事の抜粋です。 ウクライナ・キーウ近郊では、バンクシーの作品とみられる壁画がいくつも見つかっています。 目撃者:「(Q.バンクシ...
生活・社会・政治

カタールW杯、その実態

カタールW杯、その実態に非難の声を上げよう 以下は、記事の抜粋です。 W杯は人類史上最も偉大なスポーツイベントの一つだ。ただ1つの問題は、今年の開催国がカタールだということだ。 カタールでは、ジャーナリストらが外国から...
医学・医療・健康

コロナ週間感染者数、日本がまた世界最多に

コロナ週間感染者数、日本がまた世界最多に 死者数最多はアメリカ 以下は、記事の抜粋です。 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症の集計で、10月31日~11月6日の週間感染者数が日本は前週比42%増の40万1693...
生活・社会・政治

ギターを弾くイメージ写真にありがちな間違いがこちら…

ギターを弾くイメージ写真にありがちな間違いがこちら… 確かに間違っていますが、弾かないヒトにはわからないかも。カポタストの位置がおかしいです。
医学・医療・健康

心房細動アブレーション…線維組織に対する追加焼灼には有意な効果は認められなかった

線維組織に対する追加焼灼 - 心房細動アブレーションはさらに進化したか? 進化したと思っていましたが、そうではなかったようです。以下は、記事の抜粋です。 (1)加齢と線維化と心房細動 心房細動は心筋組織の「線維化」にその根...
生物・自然・環境

皆既月食 始まりから終わりまで

皆既月食 始まりから終わりまでを一枚に収めたら美しすぎた pic.twitter.com/mn5EvrgCMI — Yoshiyuki Harada | 原田 義之 (@yohar1114) November 8, 2022 関...
タイトルとURLをコピーしました