医学・医療・健康

痛風治療薬コルヒチンはCOVID-19の予後を改善しない

痛風治療薬コルヒチンはCOVID-19の予後を改善しない 以下は、記事の抜粋です。 痛風の治療薬であるコルヒチンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に有効性を示さないとする研究報告。インドのKedar Ga...
医学・医療・健康

「大動脈弁狭窄症」…大動脈弁の硬化が無症状の内に進行して「心不全」に至る病気です。

死因・第2位の心不全…医師が即受診を勧める「何気ない症状」 以下は、記事の抜粋です。 日本の死因・第2位の「心不全」潜在患者は多いが… 「心不全」の患者数は2020年には全国で120万人にのぼり、高齢化に伴って、今後も増加...
医学・医療・健康

オミクロン感染者に「重症化が少ない」理由は、ワクチン接種による細胞免疫という説

オミクロン感染者に「重症化が少ない」有力な理由 以下は、記事の抜粋です。 体内の抗体レベルが低下している場合でも、T細胞が新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染の重症化を防いでいる可能性がある。オランダと南アフリカ共和国で...
医学・医療・健康

餅が喉に詰まったら 座った状態で背中を叩いてはダメ!生死を分ける4分間にやるべき3つの処置を徹底解説

餅が喉に詰まったら 座った状態で背中を叩いてはダメ!生死を分ける4分間にやるべき3つの処置を徹底解説 以下は、記事の抜粋です。 1.咳込んでいるときは咳をさせる。 基本的には気道に餅が引っかかっていたとしても、咳をしている...
医学・医療・健康

新型コロナ「オミクロン株」がデルタ株を駆逐してくれる可能性

新型コロナ「オミクロン株」がデルタ株を駆逐してくれる可能性 ものすごく都合の良い「本当だったら嬉しい」話です。以下は、記事の抜粋です。 新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株に感染した人、特に新型コロナウイルスワクチン...
医学・医療・健康

電子タバコの使用で勃起不全リスクが倍増?

電子タバコの使用で勃起不全リスクが倍増? 以下は、記事の抜粋です。 男性では、電子タバコの使用により勃起不全(Erectile Dysfunction、ED)リスクが倍増する可能性のあることが新たな研究で示された。EDとの関...
医学・医療・健康

多くの高血圧患者が血圧を上げる薬を服用している

多くの高血圧患者が血圧を上げる薬を服用している 以下は、記事の抜粋です。 米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのTimothy Anderson氏らが、2009~2018年の米国国民健康栄養調査(NHANES)のデー...
医学・医療・健康

「アビガン」終了

「アビガン」の観察研究終了へ…「モルヌピラビル」実用化で必要性低下 以下は、記事の抜粋です。 新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について厚生労働省は12月28日、観察研究のための提供を終了した。都道府県に27日...
医学・医療・健康

これまでのところ、英国でのオミクロン株入院リスクはデルタ株よりも低いようです。

英国でもオミクロン株入院リスクが低いと判明 ヒトは自分の都合の良いニュースだけを信じるものですが、オミクロン株の感染による入院リスクはデルタ株のものよりもかなり低いという飛びつきたくなるニュースです。以下は、記事の抜粋です。文献などの詳細...
医学・医療・健康

モルヌピラビルは、「国民が安心して暮らせるための切り札になる。わが国の新型コロナ対策を大きく前進させると確信している」後藤厚労相…怪しいと思います。

コロナ飲み薬、国内初承認 軽症向け、来週から使用開始―「対策切り札に」・厚労相 以下は、記事の抜粋です。 後藤茂之厚生労働相は12月24日、メルクなどが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」を、緊急時に審...
タイトルとURLをコピーしました