エサを食べるフラミンゴ

フラミンゴの餌の食べ方が面白い。餌だけこし取って水を吐き出すフィルター機能が搭載されている。
以下は、記事の抜粋です。


フラミンゴは濾過摂食という餌の食べ方をする。水や泥と一緒に餌を吸い込んだ後、餌だけを漉し取り、水は外に出すのだ。そこで活躍するのが、板歯(lamellae)と呼ばれる、くちばしの外縁に並ぶヒゲ状の組織だ。これがフィルターの役目を果たし、水や泥を外に掃き出し、餌だけを濾しとるのだ。

濾過摂食する為に、口の中を移動する舌や、口を開閉するくちばしも重要な役割を果たしている。なかでも舌の移動は、水や泥を体外に排出する際の、原動力となっているそうだ。

フラミンゴのクチバシは、ちょうど半分くらいのところから大きく下に折れ曲がっている。餌をとるときは、長い首を大きく曲げて、くちばしを水中に突っ込む。

このときくちばしは回転し、水中では上くちばしが下側に、そして下くちばしは上側にくる。フラミンゴは、くちばしが上下が逆転した状態で、餌を捕らえるのだ。食べる餌の色素によってピンク色になるフラミンゴには他にもいろんな秘密があるみたいだね。


次の文章は、下の動画の説明の和訳です。「ピンク色の可愛い鳥たちは、嘴の前の方から水や泥を吸い込み、横から吐き出すことで餌を食べています。ラメラと呼ばれる塩の板状組織は、フラミンゴが食べるエビや他の小さな水の生き物をトラップし、小さなフィルターのような役割を果たします。みんなシーフードが大好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする