次亜塩素酸水 高濃度、大量ならコロナに有効 経産省など発表…ダメならダメとはっきり言ってくれ!

次亜塩素酸水 高濃度、大量ならコロナに有効 経産省など発表
以下は、記事の抜粋です。


経済産業省や厚生労働省などは6月26日、新型コロナウイルスの消毒剤として飲食店や自治体で利用が広まった「次亜塩素酸水」について、物品の消毒に有効な塩素濃度や使い方を発表した。5月末の中間報告では十分な成果を得られないとしていたが、濃度を高くし、大量に使うことで効果が得られると結論付けた。

2省と機構に消費者庁も加わった合同会見では、物品を拭き取る際の有効塩素濃度を80ppm以上と発表。汚れで効果が薄まるため、表面をきれいにしてから使うことを呼び掛けた。大量に掛け流して使う場合は、35ppm以上で有効とした。特殊な粉と水を混ぜて作る次亜塩素酸水は、100ppm以上とした。一方、アルコールのように少量では効かないため、十分な量でぬらし、20秒以上たってからきれいな布や紙で拭き取ることが必要だとした。

人体への影響は検証していないため、手指の消毒や空間噴霧は推奨せず、丁寧な手洗いや換気を勧める。経産省の担当者は「空間噴霧すると健康被害が出る恐れがある」と指摘した。

また、塩素濃度や使用期限が明記されていない商品が多いことから、消費者には表示の確認を、事業者には適切な表示を求めた。

物品消毒には次亜塩素酸ナトリウムの入った「ハイター」など家庭用漂白剤や、一部の台所用洗剤の薄め液による拭き取りの有効性が証明されている。


物品を拭き取る際の有効塩素濃度を測ったり、汚れで効果が薄まるため、表面をきれいにしてから使うとかは、一般家庭ではできません。また、「大量に掛け流して使う」などもあり得ません。なぜ、はっきりとアルコールや次亜塩素酸ナトリウムと違って拭き取りに使えないと宣言しないのでしょう?以下のような製品を作っているメーカーを守るためなのでしょうか?

関連記事
次亜塩素酸水のミスト噴霧は危険だ
ハイターで作る消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)「スプレー容器で噴霧してはダメな理由」が怖すぎる
新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする