多くの感染者が無症状のままSARS-CoV-2の感染を広めている。症状観察では無症状感染をほぼ全て見落とし

「無症状感染者」の間で新型コロナウイルスが広がることが海軍の新兵1800人超を対象にした実験で明らかに
以下は、記事の抜粋です。


新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者は、誰もがせきや熱といった症状を経験するわけではなく、多くの人々が感染しても無症状のままである可能性が指摘されています。アメリカ海兵隊の新兵約1800人を対象とした研究により、「無症状の感染者によってグループ内にSARS-CoV-2の感染が拡大する」ということが明らかになりました。

アメリカの原子力空母セオドア・ルーズベルトで発生したクラスターでは、感染者の大半が無症状であることが報じられていました。そこでマウントサイナイ医科大学と海軍医学研究センターの研究チームは、海軍の新兵1848人を対象にした大規模な実験を行うことにしました。

新兵は訓練の参加前に2週間の自主的な自宅隔離を行ってから専用の訓練施設に入り、2人部屋に割り当てられて共同生活を始めました。また、1クラス当たり50~60の小隊に分割され、研究チームによる監視を受けながら2週間にわたる訓練を行ったとのこと。

調査期間中、新兵たちは実験に登録したかどうかにかかわらず、マスクの着用や6フィート(約1.8メートル)の社会的距離の維持、定期的な手洗いといった検疫措置に従って生活しました。別々のクラスが相互に関わることはありませんでした。

研究チームは、新兵たちの体温チェックや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状観察を行うと共に、訓練施設に入ってから2日目・7日目・14日目に被験者に対し症状の有無を問わずPCR検査を実施。また、実験には登録しなかった新兵たちに対しても、調査期間の終わりである14日目にPCR検査を行いました。

症状の観察やPCR検査の結果を分析したところ、施設に到着してから2日以内に1848人中16人(約0.9%)がSARS-CoV-2に感染しており、このうち15人は無症状だったことが判明。また、7日目と14日目に行われたPCR検査では合計35人(約1.9%)の参加者がSARS-CoV-2陽性と診断され、そのうち4人が検査前に症状を呈したとのこと。なお、実験に登録しなかった新兵1554人については、26人(約1.7%)が14日目のPCR検査で陽性だと診断され、こちらは事前に症状が確認された事例がゼロだったそうです。SARS-CoV-2の感染は、同じ部屋で生活するルームメイトや、接触が多い小隊内で広まる傾向が見られたと研究チームは述べています。

また、新兵たちから採取されたSARS-CoV-2のゲノムを分析したところ、実験全体で6個のクラスターが独立して発生していたことがわかったとのこと。研究チームのHarm van Bakel氏は、「異なる遺伝子変異によって特定された6個の独立したクラスターは、監視された検疫中に複数の独立したSARS-CoV-2の導入・拡散があったことを示しています」とコメント。

今回の実験により、検疫やさまざまな公衆衛生規則に従って生活した場合でも、多くの感染者が無症状のままSARS-CoV-2の感染を広めていることが明らかとなりました。van Bakel氏は、「この研究データは、グループ内でのSARS-CoV-2感染を減らしてより広いコミュニティに波及するのを防ぐため、症状に関係なく全ての個人に繰り返し検査を行う必要があると示しています」と述べ、症状に依存しない検査が感染拡大を抑える上で重要だと述べました。


元論文のタイトルは、”SARS-CoV-2 Transmission among Marine Recruits during Quarantine(隔離中の海兵隊員のSARS-CoV-2感染について)”です(論文をみる)。

コロナウイルス感染がまん延しているアメリカのそれも軍隊のような完全にコントロールできるところでしかできない研究です。研究では若者ばかりが対象になっていますが、中高年も同じような状況だと思います。注目すべきは、マスクの着用や社会的距離の維持、定期的な手洗いを行っても感染が拡大していることです。日本の現状と似ています。

このような状況を考えると、「Go toキャンペーン」やビッグイベントや多人数での会食を許す日本の分科会が政府へ遠慮がちに行った緊急提言(1)いままでよりも踏み込んだクラスター対策(2)対話のある情報発信(3)店舗や職場などでの感染防止策の確実な実践(4)国際的な人の往来に伴う取り組みの強化(5)感染対策検証のための遺伝子解析の推進――の「5つのアクション」ではとても抑えきれないと思います。検温で安心してはダメです

以下は、同じ報告について書いた記事です。タイトルが強烈です。
新型コロナの症状観察、無症状感染をほぼ全て見落とし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする