マウスシールド(透明マスク)はマスクの代わりにはならない

「マウスシールドはマスクの代わりにならない」新型コロナ感染予防で神戸市健康局
以下は、記事の抜粋です。


神戸市健康局は、新型コロナウイルスの感染予防策に「フェースシールドやマウスシールドでは不十分」として、マスク着用の徹底を呼び掛けている。

フェースシールドは飛沫から目を保護するためのもので、本来はマスクと合わせて使用するもの。マウスシールドもマスクの代わりにはならないという。市内ではマウスシールドを着けていても、周りの人が濃厚接触者に認定されたケースがこれまでにある。

また、同局は「新型コロナは発熱のイメージが強いが、熱がなくても、せきやのどの痛みがある場合は、外出は控えてほしい」と強く要請する。米国の疾病対策センターの調査では、新型コロナ患者の大半に発熱、せき、息切れの少なくとも一つの症状が見られた。最も多い症状はせき(84%)で、発熱(80%)を上回った。


別の記事によると、厚生労働省健康局結核感染症課は「マウスシールド、フェースシールド、不織布マスクの中で、飛沫防止効果が最も高いのはマスク」と説明し、マウスシールドやフェースシールドは「自分の飛沫が相手の顔などに付着するのを防ぐ効果は多少あるが、飛沫が飛ばないようにする効果そのものは極めて限定的。基本的に、補助的な防御手段でしかない」とし、屋内など人が密接する場面での単独の使用を控えるよう求めているそうです。

加藤元厚生労働大臣もご愛用!

どう見ても付けている意味がない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする