たぶん「役人や専門家を押さえつけることがリーダーシップと思っている」

菅官房長官に意見して“左遷”された元総務官僚が実名告発「役人を押さえつけることがリーダーシップと思っている」
以下は、記事のホンの一部です。詳しく知りたい方は元記事をお読みください。


総務省では2014年、自治税務局長(当時)を務めていた平嶋彰英氏が菅官房長官に対して直接、制度上の問題点を指摘していた。しかし、事務次官候補の一人だった平嶋氏は翌年7月に自治大学に異動となり、省外に出された。ふるさと納税に反対したことによる平嶋氏への左遷人事と言われ、霞が関の官僚を震え上がらせた。


は必ずしも、政治家は官僚の意見に従うべきだとは思いませんが、「ふるさと納税」は住んでいる街を貧しくするという問題がある制度だと思います。

新型コロナウイルスの専門家会議でも、「Go to トラベル」などの政府の提案に同意しない委員はクビというか、ハナから召集されないのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする