アクテムラ®(一般名:トシリズマブ)新型コロナ重症患者対象の臨床試験で有用性示せず。サイトカインストームに効かなかったみたい。

アクテムラ 新型コロナ重症患者対象の欧米フェーズ3で有用性示せず ロシュ
以下は、記事の抜粋です。


ロシュは7月29日、新型コロナウイルス関連肺炎による重症入院患者を対象に欧米で実施するアクテムラ(一般名:トシリズマブ)の欧米で実施した第3相臨床試験「COVACTA」の結果について、主要評価項目を達成しなかったと発表した。主要評価項目に据えた臨床状態の改善や死亡率についてのいずれも、対照群であるプラセボに対し、有意差を示せなかった。

試験は、重症の新型コロナ関連肺炎による成人入院患者450例が対象。標準治療にアクテムラを上乗せすることでの有効性・安全性を検討する目的で実施された。主要評価項目には、7カテゴリーで示す4週目時点の臨床状態を据えた。副次評価項目は、死亡率、人工呼吸器、集中治療室に関する変数。

◎4週間後の死亡率 アクテムラ群19.7%、プラセボ群19.4%

主要評価項目の4週目の臨床状態の改善については、アクテムラ群はプラセボ群に対し、統計学的な有意差は認められなかった。カギとなる副次評価項目である、4週間後の死亡率は、アクテムラ群19.7%、プラセボ群19.4%で、有意差は認められなかった(p=0.9410)。

◎退院までの期間 アクテムラ群20日、プラセボ群28日

退院までの期間(中央値)はアクテムラ群20日間、プラセボ群28日間で、有意に期間を短縮した(p=0.0370)。ただ、同社は「主要評価項目は未達のため、その差について統計学的な有意性を判断することはできない」としている。人工呼吸器未使用日数はアクテムラ群22日間、プラセボ群16.5日間で有意差は認められなかった。

国内では、中外製薬が同様の患者群を対象に、アクテムラ投与群のシングルアーム(単群)での試験が進行中。同社は欧米、日本ともに20年中の申請を目指していた。

ロシュは、重症の新型コロナ肺炎による入院患者を対象に、同剤とウイルス薬・レムデシビルとの併用の有用性を検討する「REMDACTA」など複数の臨床試験が進行中。


重篤なCOVID-19患者では、「サイトカインストーム」とよばれる免疫反応が過剰に高まった状態が生じている可能性が示唆されていました。中国やフランスからはIL-6値が上昇している重症患者にトシリズマブ(アクテムラ®)を投与して、めざましい症状改善効果が得られたという報告がありました(関連記事を参照してください)。

ところが、プラセボ(偽薬)を対象としたランダム化された第3相臨床試験では効果がなかったというのが今回の報告です。残念ですが、ネガティブデータは真実のことが多いです。

関連記事
重症のCOVID-19肺炎患者で、血液検査でIL-6値が上昇している患者に対して、トシリズマブ(日本での商品名:アクテムラ)が中国で適用可能  フランスでも報告あり
アクテムラ、日本国内COVID-19肺炎対象の第3相臨床試験開始へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする