新型コロナワクチン対応の国産シリンジが承認取得、1瓶で7回採取可能

新型コロナワクチン対応シリンジが承認取得、1瓶で7回採取可能/ニプロ
以下は、記事の抜粋です。


ニプロ株式会社は4月12日のプレスリリースで、新型コロナワクチン接種に伴う需要に応えて開発した「ニプロVAシリンジ」について、3月25日付で承認事項一部変更承認を取得したと発表した。

現在、国内で承認され接種可能なファイザー社製の新型コロナワクチンは筋肉注射が前提であることから、同シリンジは筋肉に確実に届くよう針長を25mmとし、薬液吸引および注入時の操作性などを考慮し、25G(0.5mm)の針を採用した。また、針と外筒を一体型にすることでローデッド化を実現。薬液の残るシリンジ先端部分は、従来型通常シリンジの約15分の1(約 0.002mL)程度であり、より残液量の少ないワクチン接種にも対応できる。

社内検証では、ファイザー社製ワクチン1瓶から7回分の薬液が採取可能なことを確認したという。来月から国内工場で生産を開始する予定に加え、さらなる承認事項一部変更承認申請により、タイ工場でも製造を進める方針。


ファイザー製ワクチンの調達とアストラネカとモデルナのワクチンの承認が遅いので、注射器が間に合った。良かったというかなんというか、、、でも行政がフレキシブルに対応するか???

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました