ダイエット系炭酸飲料でお酒を割ると酔いやすい理由

ダイエット系炭酸飲料でお酒を割ると酔いやすい理由
以下は、記事の抜粋です。


お酒をダイエット系炭酸飲料で割ると普通の炭酸飲料で割るよりも、酔いが回りやすくなるという。オーストラリアのカール・クルシェルニツキ博士がその理由を説明してくれた。
実験では、ノンカロリー炭酸飲料とアルコール、通常の炭酸飲料とアルコール、そしてウォッカの香りがついた通常の炭酸飲料の3種から1つを被験者に飲んでもらい、呼気中アルコール濃度を測定した。すると、ノンカロリー炭酸飲料とアルコールの組み合わせを飲んだ人たちは、通常の炭酸飲料とアルコールを飲んだ人たちと比べ、18%も血中アルコール濃度が高かったことが判明したという。

ダイエット系炭酸飲料とアルコールを同時摂取すると、消化される糖分やカロリーがないために、アルコールは胃を素早く通過して小腸に到達。血流吸収が早くなり血中アルコール濃度を高め、酔いやすくなってしまうのだ。以下は、Karl Kruszelnicki自身による説明動画です。

@drkarlDRINKING ALCOHOL WITH DIET SOFT DRINK MAKES YOU DRUNKER. Ever wondered why? Here’s the answer ##getonthebeers ##drkarlkruszelnicki ##drkarl ##shoey♬ original sound – Dr Karl


お酒をダイエット系炭酸飲料で割るのはダメという話ではなく、お酒の量を少なくすれば良いだけの話のような気がします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました