コロナワクチンについてFauci氏が希望的観測を述べています。

米モデルナ コロナワクチン「94.5%の有効性」暫定結果を発表
以下は、記事の抜粋です。


アメリカの製薬企業「モデルナ」は、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、「94.5%の有効性がある」とする暫定的な結果を発表しました。モデルナは、効果の割合は今後、臨床試験が進むにつれて変わる可能性があるとしています。

「モデルナ」は、アメリカで最終段階となる第3段階の臨床試験を行っています。これについてモデルナは11月16日、のこれまでのデータを分析した、暫定的な結果を発表しました。

それによると、3万人を超える臨床試験の対象者のうち、新型コロナウイルスによる感染症になったのは95例でした。このうち、ワクチンの接種を受けていたのは5例だったのに対し、「プラセボ」の接種を受けていたのは、90例だったということで、モデルナは「ワクチンの有効性は94.5%だった」としています。また重症化したケースも11例ありましたが、いずれもプラセボの接種を受けたグループでワクチンを接種したグループにはいなかったとしています。

副作用として、2度目の接種後に9.7%の人にけん怠感、8.9%の人に筋肉の痛み、5.2%の人に関節痛、4.5%の人に頭痛がみられたなどとしています。

供給の見通しについては、ことし中にアメリカ国内向けにおよそ2000万回分を出荷できるとしているほか、来年には全世界に向けて5億回から10億回分を生産できるとしています。

日本政府もモデルナから2500万人分のワクチンの供給を受ける契約で、このうち2000万人分が来年1月から6月までに供給されることになっています。


以下は、このモデルナのワクチンに対するFauci氏のコメントを紹介する記事です。


Fauci: Moderna’s ‘outstanding’ vaccine results are ‘as good as it gets’(ファウチ:モデルナの「素晴らしい」ワクチンの結果は「最高」である!)
以下は、記事の抜粋です。


国内トップの感染症専門家であるAnthony Fauci氏は、モデルナ社のCOVID-19ワクチン候補の新しいデータを「印象的」で「非常に素晴らしい」と称賛しています。

モデルナ社は、コロナウイルスワクチンの第3相試験の暫定結果で94.5%の有効性が示唆されたことを明らかにしました。これは、専門家がCOVID-19に対するワクチンで予想していたよりもはるかに優れた有効率であり、ファイザーも先日、同社のCOVID-19ワクチン候補も90%以上の有効率を示したと発表したばかりである。

「これらの結果は明らかに非常にエキサイティングなものです。94.5%というのは本当に素晴らしい結果です」とFauci氏は月曜日にCNNに語った。

Fauci氏は以前、COVID-19ワクチンの有効率は70%前後に「落ち着く」と語っていましたが、NBCの番組でもこのデータは「非常に印象的なものです」と語り、先週のファイザー社からのニュースの後、「今、私たちは非常に効果的な2つのワクチンを手に入れたので、これは私たちが目指すところに向けての強い一歩だと思います」と述べました。

どちらのワクチンも食品医薬品局の承認を得る必要がありますが、Fauci氏は、「両社のワクチンは、できれば12月末までにハイリスクの人にも利用できるようになるだろう」と予想していると語っています。また、他の企業からのCOVID-19ワクチンがさらにいくつか出てくる可能性があるかとの質問に対して、Fauci氏は、その通りだと述べ、これらのワクチンが効果を発揮することを期待している と述べています。


トランプ大統領の甘い予想をことごとく否定してクビになりかけたFauci氏の発言だけに、これらのワクチンには期待しています。これらのワクチンが”Game Changer”になることを強く願っています。アメリカの株価はモデルナの発表と氏の発言を受けて大きく上昇しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする