マルチビタミンを飲んでも健康には特に寄与しない

マルチビタミンを飲んでも健康には特に寄与しないという研究結果
マルチビタミンについては、以前から何度も否定的な結果が報告されています。今回の報告も強烈です。以下は、記事の抜粋です。


2018年に発表された論文で、心臓病や脳卒中にまるで効果がないことが指摘されている「マルチビタミン」サプリメントについて、新たな調査が行われ、「病気予防に効果がない」どころか、そもそも健康に一切寄与するものではなく、よい影響もないことが指摘されています。

研究は、「マルチビタミン」や「マルチミネラル」を利用している4933人と利用していない人1万6670人を対象として、健康状態の自己申告は別に、詳細な健康診断が行われました。

その結果、自己申告で「健康状態が良好である」と回答した割合は、マルチビタミンを利用している人の方が、利用していない人より30%多かったことがわかりました。しかし一方で、健康診断の結果、マルチビタミンの利用の有無による明確な差はみられませんでした。

調査を行ったManish D Paranjpe氏は、サプリメントに「妊娠中の女性が子どもの神経管閉鎖障害を防ぐために葉酸を処方される」という有意義な使用例があることを認めた上で、「少なくとも『マルチビタミン』を毎日摂取することが何かに役立つことを示唆する証拠はまったく見当たりません」とコメント。サプリメントを買うお金があるなら「健康的な食事をするなど、健康にいい効果があるとわかっていることに使った方がいいと思います」と述べました。


英語の記事のタイトルは、”Multivitamins’ ‘benefits’ are all in your head(マルチビタミンの効果は「効いた気になる」だけ)”です(記事をみる)。元論文のタイトルは、”Self-reported health without clinically measurable benefits among adult users of multivitamin and multimineral supplements: a cross-sectional study”です(論文をみる)。

私の知り合いにもマルチビタミン剤は毎日飲むけれど、スタチンなどの薬は時々飲み忘れるというヒトがいます。本末転倒です。いくら効果がないと言っても、高価なのだから効果があると思っているようです。上手な宣伝のせいだと思います。ここでも健康よりも経済優先です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする