安倍首相が会見で語った「病状」が矛盾だらけ!「潰瘍性大腸炎の兆候」「体調異変」と説明した時期に連日会食、しかも仏料理にステーキ

安倍首相が会見で語った「病状」が矛盾だらけ!「潰瘍性大腸炎の兆候」「体調異変」と説明した時期に連日会食、しかも仏料理にステーキ
安倍首相の話題が続きます。本当に食べたのであれば矛盾しています。こういう記事が自由に書ける日本は良い国だと思います。以下は、記事の抜粋です。


8月28日、安倍首相は、辞任を決断した原因が持病の潰瘍性大腸炎の再発であるとして、その経緯をこう語った。「本年、6月の定期健診で再発の兆候が見られると指摘を受けました。その後も薬を使いながら、全力で職務に当たってまいりましたが、先月中頃から、体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となりました。そして、8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認されました」

つまり、6月の段階で潰瘍性大腸炎再発の兆候があることを知り、7月中頃には体調が悪化していたというのだが、しかし、その6〜7月に会食ざんまいの生活を送っているのだ。

首相動静から、まず、6月19日には、東京・虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」のレストラン「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」で麻生氏、菅氏、甘利氏と会食しているが、この店は〈高温のオーブンで香ばしくジューシーにグリルした熟成肉〉(HPより)がウリの店だ。

安倍首相はその翌日、6月20日にも永田町の「ザ・キャピトルホテル東急」のレストラン「ORIGAMI」で秘書官と食事。さらに、6月22日には、丸の内の「パレスホテル東京」の日本料理店「和田倉」で自民党の細田氏と、6月24日には赤坂の日本料理店「たい家」で自民党の二階氏、林氏と食事している。

安倍首相が「体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況になっていた」と説明した7月中旬以降もこの会食ざんまいは変わらない。

7月21日にはフランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」で長谷川氏、鈴木氏らと食事し、翌日22日には銀座のステーキ店「銀座ひらやま」で二階氏、林氏、自民党の元宿氏、野球の王貞治氏、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、洋画家の絹谷幸二氏と会食。

さらに、7月30日には、「パレスホテル東京」内の「和田倉」で自民党の岸田氏と会食している。和田倉は日本料理店だが、報道によれば、安倍首相はここでもステーキを注文。鶏の生姜焼きを注文した岸田政調会長とビール、ウイスキーの水割りを酌み交わしたという。

これがほんとうに「潰瘍性大腸炎の再発の兆候」があり、「体調が悪化」した人の食生活なのだろうか。潰瘍性大腸炎の活動期は、消化しやすく、高たんぱく・低脂肪の大豆製品や鶏肉、魚類などが推奨され、脂肪の多い食品や、油を使用している料理、アルコール類は控えめにするよう指導されるはずなのだが……。

しかも、説明を聞く限り、現在の病状も逼迫したものにはみえない。安倍首相は今後、入院するわけでも静養するわけでもなく、「次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たしてまいります」と宣言。質疑応答でも、「幸い、いま、新しい薬が効いておりますので、しっかりと務めていきたいと、こう思っております」と繰り返し、さらに、ロイターの記者が次期総裁決定までの期間を質問すると、「ま、これは、私の体調のほうはですね、基本的には、その間は絶対に大丈夫だと、こう思っております」──。これって、安倍首相の体調がいますぐ辞職しなければならないようなものではまったくなかったということではないか。

おかしいのは「病気をネタに攻撃するのは不謹慎だ」「人の病状を取り沙汰する行為は醜い」「病気で弱っている人を叩くな」などといって、追及を封じ込める意見のほうだ。


以下は、東京高輪病院のHPに書かれている「潰瘍性大腸炎の方の食事について」です(pdfをみる)。「洋食コース料理」は避けるべき食品になっていますが、ヒレ肉とかが中心のコースだったかもしれません。ただ、アルコール摂取はその胃腸症状を悪化させることは間違いないので、安倍氏が医師のアドバイスを忠実に守って食事をしていたとは言えないと思います。

私も、安倍氏はその政策判断によって国民の生命や生活が一変するような権力を握っている一国の総理大臣を長期にわたって務め、今後も大きな影響を持とうとしている人物だと思います。また、これまでの報道発表から考えて、このまま病状が悪化して引退する可能性よりも、強い影響量を保持する可能性が強いと思います。政治家の言うことは、自らの病状も含めてすべて信じるのはやめた方が良いと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました