ヒマラヤハゲワシが威嚇する時の姿

「ハゲワシは威嚇するとき、ニセモノの顔が出現する…」目の位置に注目
以下は、記事の抜粋です。


ヒマラヤ山脈、パミール高原、チベット高原などに生息する「ヒマラヤハゲワシ」は、立派な羽を持つ大型のワシ(翼開長115~125cm)ですが、威嚇時にはニセモノの目が出現するとのことです。


この写真の記事しか情報がないので、本当にこのワシが威嚇する時にこんな格好をするのかどうかは確かではありませんが、おもしろい写真だと思います。以前紹介したウシのお尻に眼を書くとライオンに襲われないのと同じ発想かもしれません。

関連記事
ウシのおしりに「目」を描くとライオンに食べられなくなる

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました