橋本岳副大臣からの「内部告発」写真

クルーズ船内に「不潔ルート」──橋本厚労副大臣のツイートでトレンド入り 「ゾーニングできていない」「内部告発か」と批判相次ぐ
クルーズ船内でグリーンゾーンとレッドゾーンをはっきり区別していたと主張するために橋本岳副大臣がTwitterに投稿した写真が、逆に「ゾーンニングがぐちゃぐちゃ」の証明だと指摘された話です。以下は、その橋本氏が投稿して自ら削除した写真と記事の抜粋です。


新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の船内写真が波紋を広げている。Twitterに投稿された写真には、感染拡大を防ぐゾーニングの一環として「清潔ルート」「不潔ルート」と張り紙された2つの入り口が写っていたが、その効果に疑問を唱える声が相次いでいる。


写真は橋本岳厚生労働副大臣がTwitterに投稿したもの。隣り合う2つの入り口の左に「清潔ルート」、右に「不潔ルート」という張り紙がある。しかし、「清潔ルート」側から奥の支柱を見るとそこにも「清潔/不潔ルート」の張り紙があり、少なくとも手前の入り口から奥の支柱までは2つのルートが壁や仕切りなどで区切られていないことが分かる。

「清潔」「不潔」は医療用語で、滅菌・消毒処理がされているかどうかを表している。橋本副大臣は船内を適切に衛生管理していることを示す一連のツイートの中でこの写真を投稿していたが、Twitterユーザーからは「ゾーニングできていないのでは」「副大臣からの内部告発なのか」など疑念の声が上がり、「不潔ルート」「ゾーニング」などがTwitterのトレンドに入った。一連のツイートは2月20日午前11時ごろに投稿されたが、その後写真のみ削除された。


以下は、広報用に撮られているクルーズ船の公式HPの写真。 別角度から見ると、このイケイケになった「ゾーン」の構造が良くわかります。まあ、こんな写真よりも、後から入った検疫官や役人やDMATの人たちが感染している事実が岩田さんの告発を裏付けていると思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました