動画:チッタゴンの道路事情

昨年の11月にもチッタゴンを訪れました。その時から1年足らずの間にいろいろと変化があったようです。良いことかどうかわかりませんが、電動のリキシャ(Battery-run rickshaw、大半は中国製)が禁止され、日本製のバイクや乗用車が増えました。禁止の理由は、バッテリーへの盗電や使用済みバッテリーの無秩序な廃棄などのようですが、電動リキシャを輸入する会社は、競合する化石燃料車の会社による陰謀だと主張しているそうです(記事をみる)。

道を行くリキシャの運転手のほとんどは、「ルンギ」とよばれる巻スカートを身につけたおり、女性はほとんどが民族衣装を着ています。初めて日本から来た者の眼にはカオスとしか映らないようですが、経済の発展と共に道路事情も着実に変化していると思いました。


コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生、お早う御座います。
    お仕事の関係での出張でしょうか、暑そうでお疲れ様です。
    道路、車、自転車、力車、人も一緒の様子、日本では考えられない光景、危ないですね、皆なれで大丈夫なんですかね。
    くれぐれもお気をつけ下さいませ。