水中からボートめがけてジャンプ、釣り人の鼻先をかすめて海に戻っていくターポン

これぞリアル魚雷!水中からボートめがけてジャンプ、釣り人の鼻先をかすめて海に戻っていくターポン
以下は、記事の抜粋です。


アメリカ、フロリダ州マルコ島でボートに乗り、釣竿を何本かボートに設置し、優雅に釣りを楽しんでいたベン・オルセンさん。すると突如、水面から大きな魚が顔を出した。その魚は何を思ったのかオルセンさんめがけてボートへと飛び込んできた。顔面スレスレのところを通過するとそのまま海へと戻っていった。

この魚はターポン。太古よりほとんど形状を変えることなく現代まで生き延びてきた古代魚であり、体長が2メートルを超える個体も存在する巨大魚だ。もう少し位置がずれてれば顔面を直撃コースで、当たればただではすまない衝撃だっただろう。


ターポン側から見れば、惜しい一撃だったと思います。下の写真のように、日ごろはゲームフィッシングの対照としてヒトに遊ばれていることに対する渾身の反撃だったかも。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました