Covid症例の新たな増加は、ワクチンが機能することを示唆している

Covid症例の新たな増加は、ワクチンが機能することを示唆している…ワクチン未接種の若い人々が、最近の米国でのCovid-19の症例数の上昇を牽引しているようです。
以下は、記事の抜粋です。


60歳未満の人々が全国の新しいCovid-19症例の大部分を占めています。これは、主に高齢で脆弱なアメリカ人に投与されたワクチンの成功の証である可能性があります。

症例数は、急激な減少とその後数週間の停滞の後、再び増加しています。3月29日のホワイトハウスCovid-19のブリーフィングで、米国疾病予防管理センターのRochelle Walensky氏は、症例の増加(前週から平均10%の増加)が彼女に「差し迫った危機」を感じると述べました。

しかし、医師は、今回の患者は若く、特記すべきことに重症ではないとも言っています。症例が増加しているニューヨークでは、一部のCovid-19患者は依然として入院を必要としていますが、そのような患者の数は1年前の「天文学的な」レベルにはほど遠い、とNorthwell Health’s Long Island Jewish HospitalのFrederick Davis医師は述べています。

Davis医師によると、Covid-19の症例はほとんど軽度で、「私たちが見ているケースの多くは、ワクチンの資格がない若いグループです」だそうです。若い人でもCovid-19でかなり重症になる可能性はありますが、患者が若者に偏る傾向は、多くの集中治療室がもはや重症の症例で溢れかえっていない理由かもしれません。


記事によるとアメリカで配列決定されたウイルスの26%が感染力の強いB.1.1.7(英国型)の変異株だそうです。日本でも、ほぼ同じかそれ以上に変異株が増えているようです。変異株の感染とワクチン接種のスピードは、Covid-19収束を決める大きな要因ですが、日本のワクチン接種はかなり遅れているので、当面は自粛や「徹底した」感染対策という「竹やり」で防ぐことになりそうです。

2021年3月29日、Idalia Vazquez(83)は、2回目のCovid-19ワクチン接種を受けました。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました