鼻歌や口笛で曲をサーチ – Hum to Search- Now in the Google app

歌詞が分からない歌を「フンフーン」と口ずさむとGoogle検索が名前を教えてくれる「Hum to Search」
以下は、記事の抜粋です。


メロディーは覚えているのに歌の名前も歌詞も覚えておらず、情報を知りたいのに検索しようがない……ということを多くの人が経験していますが、新たにGoogle検索で口笛やハミングでも音楽情報が検索される機能が実装されました。

Hum to Searchがどんな機能なのかは以下のムービーを見れば一発でわかります。


実際にやってみました。日本語版の場合は少しだけ違うようです。Google検索で音声アシスタントを起動させて……「フンフンフーン……っって何の曲?」と無茶振りのような質問をしましたらうまく曲を認識しませんでした。「ラララ……」とかやってみたら大黒摩季の「ら・ら・ら」が出てきました。

以下のようにやるとうまく行きました。日本語の画面でマイクのマークをタップして音声アシスタントを立ち上げると左のような画面になります。ここで左下の「曲を検索」をタップするとハミングや口笛を認識するその次の画面になり、ハミングを続けると、最後の画面のように候補曲をあげてくれます。音痴だと曲が見つかりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする