2021-05

医学・医療・健康

インドのコロナ感染者で危険な真菌感染症「ムコール症」が急増、なぜ?

インドのコロナ感染者で危険な真菌感染症が急増、なぜ? 以下は、記事の抜粋です。 極めてまれな真菌感染症である「ムコール症」は、現在インドにおいて、回復期あるいは回復後まもない新型コロナウイルスの感染者の間で増加している。この...
生活・社会・政治

やっぱり、この人も総理にしてはいけない人だわ

河野太郎氏「いかに若い人の妊娠率を下げるか」 日本復帰に関するインタビューで沖縄社会巡り発言 以下は、記事の抜粋です。 河野太郎沖縄担当相は5月13日、沖縄の日本復帰49年に関するインタビューで、沖縄の子どもの貧困率が高い理...
生活・社会・政治

オリンピックは開催させる。でもなぜ?〜日本政府はパンデミックにも関わらず、大会開催に断固として固執している。

日本人教授がNYタイムズで糾弾した、菅政権とメディアの癒着。何が書かれていたか。読者の反応は。 以下は、上の今井佐緒里氏の記事に紹介されている上智大学の中野晃一教授のニューヨークタイムズへの投稿記事(2021年3月25日)です。タイトルは...
医学・医療・健康

哺乳類の経腸換気は呼吸不全を改善する

尻から酸素、呼吸不全を改善 コロナ治療に応用も 以下は、記事の抜粋です。 腸でも呼吸できるドジョウをヒントに、酸素が少ない環境でブタやマウスにお尻から酸素を送り込んだところ、呼吸不全の症状が改善する傾向が見られたとの研究結果...
医学・医療・健康

新型コロナウイルス、英国型変異株(N501Y)および南アフリカ型変異株(N501YかつE484K)に対するファイザー・ビヨンテックワクチンの有効性

B.1.1.7およびB.1.351バリアントに対するBNT162b2Covid-19ワクチンの有効性 以下は、論文の抜粋です。 メッセンジャーRNAワクチンBNT162b2(Pfizer–BioNTech)は、2019年の野...
生活・社会・政治

専門家突き上げに政府折れる 「画期的」

専門家突き上げに政府折れる 「画期的」の声も―コロナ分科会 以下は、記事の抜粋です。 5月14日午前の新型コロナウイルスに関する基本的対処方針分科会は、政府の当初案に専門家から異論が噴出し、政府が折れるという異例の展開をたど...
未分類

コンビニからサンドイッチを盗むカモメ

Clever Seagull Steals a Sandwich 以下は、動画とその説明です。少し画像が小さいですが、カモメがヒトを利用してドアを開けさせていることが分かります。動画の説明によると、このカモメは常習犯のようです。 ...
生活・社会・政治

【図解】新型コロナウイルス感染症とワクチンに関する誤った主張

【図解】新型コロナウイルス感染症とワクチンに関する誤った主張 以下は、いろいろな誤った主張の図解です。日本でmRNAワクチンを否定するヒトの多くがイベルメクチンやファビピラビル(アビガン®)に効果があると主張するのは偶然なのでしょうか?明...
医学・医療・健康

英イングランド、コロナ死者数ゼロに ワクチン接種戦略で成功

英イングランド、コロナ死者数ゼロに ワクチン接種戦略で成功 以下は、記事の抜粋です。 英イングランドで5月10日、昨年7月以降初めて、新型コロナウイルス感染による死者の報告件数がゼロとなった。また、スコットランドと北アイルラ...
医学・医療・健康

朗報!?子宮頸がん(HPV)ワクチン、接種者が増加 低迷から一転20%近くに

HPVワクチン、接種者が増加 低迷から一転20%近くに 以下は、記事の抜粋です。 子宮頸がんを予防する「HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン」の接種者数が大幅に増えていることが厚労省の集計で5月1日までに分かった。201...
タイトルとURLをコピーしました