コロナにイベルメクチンをという声が挙がる中、アメリカでRCTが行われ有意差を得られず有効性はないという報告が出る

コロナにイベルメクチンをという声が挙がる中、アメリカでRCTが行われ有意差を得られず有効性はないという報告が出る
色々な情報を偏りなく集めている記事です。以下は、私の主観による偏った抜粋です。


●イベルメクチンの効果を、長尾和宏先生が御自身の医師免許をかけて公言しました。この覚悟には感動しました。逆に医師免許をかけて効かないと公言する医師はいないのでしょうか?

●外来レベルでコロナに薬剤処方して、死亡者がいないだの治っただのを見てイベルメクチンが効いたって言えるなら、私の外来の場合はイベルメクチン出さずに皆さん亡くなることもなく治ってて、処方内容からいくとアセトアミノフェンがコロナに効いたことになってしまいますが

●ちなみにあなたが参考になさっている長尾氏の、 イベルメクチンを推し始める前の新型コロナに対する対策は 『歩く!!』 ですからね。

●新型コロナウイルスに対するイベルメクチンのRCTで、これまでにない大規模(各アームごとに約800例を登録)で行われたTOGETHER trialが発表されました。プラセボと比較して重症化複合アウトカムに差はなく有効性を示せませんでした。

Column: Major study of Ivermectin, the anti-vaccine crowd's latest COVID drug, finds 'no effect whatsoever'
Ivermectin, touted as a treatment of COVID by the anti-vaccine crowd, has "no effect," according to a major study.

長尾さんは、ワクチンもまだ行き渡っておらず重傷者も増え続けている状況で「コロナをインフルエンザと同じ5類にしろ」と言い、自分が経験した外来や在宅の軽~中等症の患者に使って死者が出ていないというだけで、これまでの治験で有効性が示せていない薬を「よく効く」と言い切っています。その他、「病気の9割は歩くだけで治る」とか「認知症は歩くだけで良くなる」とかのワラにでもすがりたい人が飛びつくような本を書いています。宗教として信じるなら別ですが、科学的・論理的に考えると「だめっぽい」と思いませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました