アストラゼネカの新型コロナワクチン、有効率10%で南ア型に効果なし、南アフリカの治験結果

英AZの新型コロナワクチン、有効率10%で南ア型に効果なし、南アフリカの治験結果
以下は、記事の抜粋です。


英アストラゼネカ(AZ)の新型コロナウイルスワクチンが、南アフリカ型変異株にほとんど効果がないとする臨床試験結果が報告された。南ア型に対する発症予防効果は約10%にとどまった。

同ワクチンを共同開発したオックスフォード大学と、南アフリカ医学研究会議の研究者らが南アで行った後期第1/2相臨床試験)。昨年11月までに計2000例超を登録し、ワクチンまたはプラセボ製剤を接種した。南ア型変異株(B.1.351)に感染・発症したのは計39例。ワクチン群が750例中19例、プラセボ群が714例中20例で、有効率は10.4%となった。南ア型以外も含めると、ワクチンの有効率は21.9%だった。研究チームは、同ワクチンが南ア型変異に効果がないと結論付けた。

南アでは、AZ製ワクチンによる接種開始を予定していたが、変異株に対する有効性が低いとして接種を見送り。代わりに米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンを採用している。


元論文のタイトルは、”Efficacy of the ChAdOx1 nCoV-19 Covid-19 Vaccine against the B.1.351 Variant”です(論文をみる)。

アストラゼネカのワクチンは、2月に厚生労働省へ承認申請を行い、現在審査中。政府は昨年12月、アストラゼネカとワクチン1億2000万回分(6000万人分)の供給を受ける契約を結んだ。このうち9000万回分以上は国産になる見通しと伝えられています(記事をみる)。

第一三共、JCRファーマ(芦屋市)、KMバイオロジクス(熊本市)などは、アストラゼネカからワクチンの原液生産の受託や原液の提供を受けてワクチンを生産します。朝日や読売はこれを「国産ワクチン」と呼んでいます(記事をみる)。

予定通りだとすると、アストラゼネカのワクチンが日本人の約半分(6000万人)に接種される予定ですので、南アフリカ型変異株が流行すると大変なことになると思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました