新型コロナワクチン接種の前後アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの鎮痛剤を服用しても良いでしょうか?

新型コロナワクチン接種の前後にアセトアミノフェンやイブプロフェンなどの鎮痛剤を服用しても安全でしょうか? エビデンスは限られていますが、鎮痛剤の中には体の免疫反応を妨害するものもあります。
ありそうな質問です。以下は、記事の抜粋です。


Q: 新型コロナワクチン接種の前後に鎮痛剤を飲んでもいいですか?

A: 病状のために日常的に服用しているのでなければ、避けた方が良いでしょう。エビデンスは限られていますが、鎮痛剤の中には、ワクチンが行おうとしている強い免疫系の反応を阻害するものがあります。

ワクチンは、体を騙してウイルスを持っていると思い込ませ、それに対する防御反応を行うことで機能します。それは腕の痛み、発熱、頭痛、筋肉痛、またはその反応の一部である可能性があります炎症の他の一時的な症状を引き起こす可能性があります。これらの症状は、免疫システムが活性化しており、ワクチンが効いていることを意味しています。

イブプロフェンなどの炎症を標的とする特定の鎮痛剤は、免疫反応を抑制する可能性があります。これらの薬剤が抗体の産生を低下させる可能性があることが報告されています。ただし、すでに病気の治療のためのこれらの薬のいずれかを服用している場合は例外です。

どうしても鎮痛剤を服用する必要がある場合は、アセトアミノフェンが免疫反応への影響が少ないのでより安全です。

接種をした腕の赤身や痛みが1日後でも増加するか、このような副反応が数日経っても変わらない場合は、医師に連絡してください。


日本でよく使われるロキソプロフェン(商品名:ロキソニン)の予防接種や免疫への作用について調べてみましたが良くわかりませんでしたので、鎮痛薬がどうしても必要な場合は、アセトアミノフェン(商品名:カロナール)が無難だと思います。

Sergeant Jurne Smith-Traylor (L) of the Illinois Air National Guard administers a Pfizer Covid-19 vaccine to Arthur Barsotti at a vaccination center established at the Triton College in River Grove, Illinois, on February 3, 2021. – The site is the second large-scale vaccination center in Cook County, which includes the city of Chicago. More than 4,000 vaccines are expected to be given at that location on a weekly basis. (Photo by KAMIL KRZACZYNSKI / AFP) (Photo by KAMIL KRZACZYNSKI/AFP via Getty Images)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました