メディアに踊らされた日本水連の「公私混同」処分

不倫騒動の瀬戸に年内活動停止処分 五輪代表は維持 日本水連常務理事会
本当に気持ち悪い世の中になったものです。以下は、記事の抜粋です。


日本水連は10月13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。瀬戸は12日に日本水連倫理委員会による事情聴取を受け、その内容が常務理事会で報告され、処分が決まった。

この決定により、年内の公式大会への出場、強化合宿、海外遠征への参加ができなくなり、五輪会場で行われる12月の日本選手権も出場不可能となった。また、内定している200メートル、400メートル個人メドレーの東京五輪代表は維持した。

日本水連の青木会長は「五輪内定は、昨年の世界選手権で金メダルを獲得した『選手の権利』であると同時に、五輪本番での活躍を期待して付与したものである」、「五輪内定は、実質的には『日本代表選手団の一員になった』ことを意味するため、社会人選手として、五輪内定選手として、『水泳日本代表選手団行動規範』に準じた行動をするものと期待していたが、一連の行動は、それに反したもので大変残念であった」とコメントしている。

瀬戸はデイリー新潮に報じられた不倫について、事実と認めて謝罪。所属先だったANAとの契約は9月末に解除となり、日本オリンピック委員会の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りとなっている。


ANAとの契約打ち切りや「シンボルアスリート」の契約も打ち切りは仕方がないとしても、また週刊誌やスポーツ新聞が「愛の個人メドレー」などのセンセーショナリズムで儲けようとするのは仕方がないとしても、「日本水連」というものが公的な組織だとすれば、違法行為でも犯罪でもない「不倫」という完全に私的な行為を理由に公的な処分をすることは「公私混同」です。むしろ、メディアによる「社会的制裁」から選手を守るべきだったのに、、、守りたいのは「オリンピック」だけか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする