新型コロナウイルス、無症候性接触者からの感染症例…検査体制の一刻も早い整備を!!

新型コロナウイルス、ドイツで無症候性接触者からの感染症例/NEJM
症状のないヒトからヒトへ新型コロナウイルスに感染したことを示す症例の報告です。以下は、記事の抜粋です。


中国・武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症(2019-nCoV)を巡り、無症状の潜伏期間中に接触者へ感染を広げるケースが相次いで報告されている。ミュンヘン大学医療センターのCamilla Rothe氏ら研究グループが、ドイツ国内で報告された、直近に渡航歴のないビジネスマンが無症候の初発患者から感染したとみられる症例を報告した。

報告症例は、1月29日に2019-nCoV陽性反応が確認されたドイツ人男性(33歳)について。男性は20~21日、ミュンヘン郊外の会社でビジネスパートナーである中国人女性と会議に同席。24日に咽頭痛および悪寒、筋肉痛を自覚し、25日には39.1度の発熱があった。その後、26日夕方には症状が改善し始め、翌日には仕事に復帰できるまでに回復したという。

一方、女性は1月19~22日に上海から渡独。滞在中は感染の兆候や症状は見られなかったが、帰国便の機中で体調が悪くなったという。その後、26日に2019-nCoV陽性の検査結果が判明したため接触者の追跡調査が行われ、ドイツ人男性も調査対象となり、29日にR019-nCoV陽性反応が出た。男性の喀痰から得られたウイルス量は1億コピー/mLと多かった。

また、28日にはドイツ人男性の同僚3人についても、検査の結果2019-nCoV陽性反応が確認された。3人のうち1人は中国人女性と接触しており、ほか2人は接触がなかった。男性と同僚3人はミュンヘンの医療機関に入院したが、いずれもこれまでに重い症状は見られないという。

著者らは、「本症例は、無症候性の初発患者の潜伏期間中に感染が広がったとみられ、2019-nCoVの伝播動態について改めて評価が必要だろう」と述べている。


元論文のタイトルは”Transmission of 2019-nCoV Infection from an Asymptomatic Contact in Germany”です(論文をみる)。

日本でも、1月下旬に日本に旅行したタイ人の夫婦が新型コロナウイルスに感染していたことをタイ保健省が2月4日に発表しています。日本感染症学会が発表したように「既に国内にウイルスが入り込み街の中で散発的な流行が起きていてもおかしくない」のです。

これらは、上昌広氏が書いているように、クルーズ船を停める「水際作戦」などに力を入れるのではなく、患者が検査を希望する、あるいは医師が必要としたら、すぐに検査できるような検査体制を日本全体に一刻も早く整備することが必要なことを示しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする