「コロナばらまき」男性事件が示す手洗いの重要性

コロナ「ばらまく」男性捜査へ 飲食店の従業員感染―愛知県警
以下は、記事の抜粋です。


愛知県の男性(57)が、新型コロナウイルス感染を知り、自宅待機を求められながら複数の飲食店を利用していたことが3月12日、取材で分かった。男性は「菌をばらまく」などと話し、立ち寄った飲食店の従業員1人の感染が同日判明した。飲食店は店内を消毒し、営業自粛に追い込まれており、事態を重く見た県警は、威力業務妨害容疑などを視野に捜査を進める方針。

同市や関係者によると、男性は4日夕、検査でウイルス陽性が判明し、保健所が自宅待機を要請したのに外出。午後6時前後、市内の居酒屋とパブの2店に立ち寄った。パブでは従業員の女性と密着し、肩を組んで歌うなどしたという。

その際、パブ店主は知人から「男性が『パチンコ店や飲食店で菌をばらまいてやる』と言っている」と連絡を受け、男性が従業員に「陽性だ」と認めたため、約30分で退店させた。男性は同居の両親から感染したとみられ、5日から入院している。

一方、パブ従業員で30代のフィリピン人女性のウイルス陽性が12日確認され、医療機関に入院予定。女性は、男性に接客した従業員とは別だが、店内に居合わせていた。


下の動画によると、感染した女性は男性を接客し手を握られたり触られたりした女性ではなく、男性が開店前に2分ほど寝そべっていたソファの同じ場所に腰かけて待機していただけでまったく接触のない女性だということです。この女性は30分ほどソファに座って化粧直しなどをして待機していたそうです。

おそらく、濃厚接触した女性はすぐに手を洗ったと思われますが、待機していた女性は30分の間に男性がウイルスのついた手で触れたソファに触れ、その手で眼や鼻を触った可能性が高いです。新型コロナウイルス感染予防における、手洗いの重要性を示していると思います。

どうでも良い事ですが、この男性はパブのカラオケでハウンドドッグの「Jのバラード」とキャロルの「二人だけ」を歌ったみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする