日本でも新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が報告されました

新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について
以下は、厚生労働省のプレスリリースの抜粋です。


1月 14日、神奈川県内の医療機関から管轄の保健所に対して、中国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎の患者が報告されました。この方については、1月6日にご本人が医療機関を受診した際に、武漢市の滞在歴の申告があり、その後、原因が明らかでない肺炎等の患者に係る、国立感染症研究所での検査制度(疑似症サーベイランス)に基づき報告されたものです。

当該患者の検体を国立感染症研究所で検査したところ、昨日(1月 15 日)新型コロナウイルス陽性の結果が得られました。新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生が国内で確認されたのは初めてです。本件について、積極的疫学調査を行うとともに、世界保健機関(WHO)等の関係機関と協力し、リスク評価を進めてまいります。

概要
①年代: 30 代
②性別: 男性
③居住都道府県: 神奈川県
④症状: 1月3日から発熱あり。
1月6日に中華人民共和国湖北省武漢市から帰国。同日、医療機関を受診。
1月 10 日から入院。
1月 15 日に症状が軽快し、退院。
⑤滞在国: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
⑥滞在国での行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)
には立ち寄っていない。中国において、詳細不明の肺炎患者と濃厚接触の可能性がある。

◆国民の皆様へのメッセージ
○ 新型コロナウイルス関連肺炎に関する WHO や国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点では本疾患は、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。
○ 武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。


1月19日の記事では、中国国内の45例のほか、日本において1例(上記の例)、タイでは2例が確認されています。中国の45例の中、12人が病状が回復して退院し、7人が重症、このうち61歳と69歳の男性2人が死亡したとのことです。

主たる症状は発熱であり、呼吸困難を訴える患者もいるようです。胸部レントゲンでは肺炎所見があるようですが、肺炎のない新型コロナウイルスの感染者がどれくらいいるのか、まだ分かってないようです。

「新型コロナウイルス」と聞くと、同じコロナウイルスによる重症急性呼吸器症候群(SARS;致命率9.6%)や中東呼吸器症候群(MERS;同 34.4%)のような高い病原性を考えてしまいますが、上の記事では、今のところ致命率はそれほど高くないとされています。

中国ではもうすぐ春節(旧正月)の長期休暇を迎えます。多くの人々が移動するので、感染が拡大する恐れもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする