男女の性行為は経時的にマンネリ化する

男女の性行為は経時的にマンネリ化する
以下は、記事の抜粋です。


今回紹介する研究はカップルの性行為の満足度に焦点を当てた、比較的新しい研究です。

Schmiedeberg C, et al.”Does Sexual Satisfaction Change With Relationship Duration?”
Arch Sex Behav. 2016;45:99-107.(論文をみる)。

男女の性行為の満足度が、時間とともにどう変化するかを調べたドイツの研究です。若年~中年のヘテロセクシャル(同性愛者でない)のカップルを2,814人集め、性行為に対する経時的な満足度を調査しました。

その結果、交際してから初年度の満足度はそれなりに高かったそうです。しかし、1年を経過するころからその満足度はグングンと低下していきました。同居や結婚が満足度に影響することが過去に報告されていますが、この研究ではその影響はほとんどなく、ただ純粋に経時的にマンネリになっていくという絶望的な結果が示されたわけです。


「同居や結婚が満足度に影響することが過去に報告」とあったので、どう影響するとされているのか調べてみようと思いましたが、論文をみつけることができませんでした。同居したり、結婚したりするのはマイナスに影響するような気がするのですが、、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする