Christian Right-Wingers Love Porn(アメリカの右翼的キリスト教徒はポルノがお好き)

ポルノへの興味・関心は宗教的に厳しくて保守的な地域の方が高い
以下は、記事の抜粋です。


アメリカ中西部から南東部にかけての地域はバイブル・ベルト(聖書地帯)と呼ばれ、アメリカ国内でも特にキリスト教が熱心に信仰されていることで知られています。また、バイブル・ベルトを構成するアラバマ州・ルイジアナ州・ジョージア州などでは、「中絶の原則禁止」「心音が検出できる胎児の中絶禁止」といった中絶禁止法案が成立するなど、保守的で禁欲的なキリスト教的価値観が重んじられています。

一般的に、このような宗教的傾向や保守的傾向は非伝統的な性的行為に反発するものと考えられます。ところが、Googleトレンドを用いた2015年の研究では、宗教的に厳しく保守的な地域ほど性的コンテンツへの関心が高いことが示されました。

研究者は、州レベルの宗教的・保守的傾向と、性的コンテンツの検索結果から導かれる関心について調査しました。2年にわたって収集したデータを人口統計変数を制御して分析した結果、「州レベルでの宗教的傾向が強い地域では、性的コンテンツの検索が多い」「州レベルで保守的傾向が強い地域では、セックス画像の検索が多い」といったことがわかったとのこと。


元論文のタイトルは、”Do American States with More Religious or Conservative Populations Search More for Sexual Content on Google?”です(論文をみる)。

日本でも、昔から厳しい家庭の子供ほど悪い遊びに走ると言われていたように思います。おそらく、研究費はほとんどかからないので、興味のある方はGoogleトレンドを使って調べてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする