喫煙者はインフルエンザ発症リスクが高い

喫煙とインフルエンザの発生-系統的レビュー
もうすぐインフルエンザのシーズンですが、おもしろい報告がありました。以下は、論文要約の抜粋です。


目的:喫煙とインフルエンザ感染の関係を明らかにするためにメタ解析を行った。

ハイライト
●9つの研究(4万685例)について解析を行った。
●現在の喫煙者は、ラボ検査で確認されたインフルエンザ発症リスクが非喫煙者の5倍を超えていた。
●インフルエンザ様症状は、非喫煙者よりも、発症リスクが34%高かった。

結論:喫煙者は、非喫煙者と比較してインフルエンザの発症リスクが高い、特にラボ検査で確認されるインフルエンザの発症リスクが高い。


喫煙者でラボ検査で確認されたインフルエンザ感染のリスクが、症状だけでインフルエンザと診断した場合のリスクよりも、こんなに高くなる理由はわかりません。タバコに含まれる何らかの因子がインフルエンザウイルスに親和性があるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする