不明のアシカの赤ちゃん見つかる、大阪・天王寺動物園

不明のアシカの赤ちゃん見つかる、大阪・天王寺動物園
以下は、記事の抜粋とニュース動画です。


9月27日から大阪の天王寺動物園で行方がわからなくなっていたアシカの赤ちゃんが10月1日午前、動物園内の下水施設で生きた状態で見つかりました。

行方がわからなくなっていた天王寺動物園の生後3か月のカリフォルニアアシカ「キュッキュ」は先月27日の午後、アシカ池の水を入れ替える際に排水口から下水道へ流れ出たとみられていました。

園は、母親の鳴き声を鳴らすなどして、下水道など周辺の捜索を続けてきました。10月1日午前10時すぎに、アシカ池周辺の下水施設を捜索していたところ、キュッキュの鳴き声が聞こえ、生きた状態で見つかったということです。


心配していましたが、見つかって良かったです。母親がちゃんとミルクをやってくれることを祈ります。ダメなら飼育係がミルクを与えることになるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする