「OK」のサインは白人至上主義のシンボル

「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい
以下は、記事の抜粋です。


反差別を掲げるユダヤ系団体、名誉毀損防止連盟(ADL)は、親指と人差し指で輪をつくる「OK」のサインを「ヘイト(憎悪)のシンボル」としてデータベースに追加した。

ほかにも、動画と差別的なスピーチを組み合わせたミーム「ムーンマン」や、2015年にサウスカロライナ州の教会で乱射事件を起こした白人至上主義者ディラン・ルーフ死刑囚のボウルカット(おかっぱ頭)(下の写真)などが同データベースに追加登録された。

このデータベース「ヘイト・オン・ディスプレイ」には、極右や白人至上主義者が使う画像やスローガン、シンボルが登録されており、ADLは今回、新たに36のミームを追加したと発表した。

「OKサイン」がヘイトのシンボルとなったきっかけは、ネット上の匿名掲示板「4Chan」でオルタナ右翼たちが悪ノリで始めたキャンペーンだった。彼らは2017年に同掲示板で「オペレーションO-KKK」を立ち上げた。リベラル派やメディアに、ドナルド・トランプ大統領もよく演説中に使うこのOKサインが白人至上主義の「秘密の合図」だと思い込ませたのだ。親指と人差し指で輪をつくって残り3本の指を立てると「ホワイト・パワー」を意味する「WP」の文字に見えるから、白人至上主義者を自称するジェスチャーだという訳だ。

ADLが指摘したように、このでっち上げが大々的に広まり、遂には白人至上主義への支持表明のジェスチャーとして使われ始めた。ニュージーランドのクライストチャーチにあるモスクで銃を乱射し、51人を殺した罪に問われているオーストラリア人のブレントン・タラント被告は、初めて出廷した際に笑顔でOKサインのジェスチャーをしてみせた。


それまでまったく人種的な意味がなかったOKサインが、トランプ氏や他の白人至上主義者が好んで使うだけで「ヘイト(憎悪)のシンボル」なってしまうという事です。

この論理なら、歴史的に問題があってもなくても、「旭日旗」を日本の右翼の人たちが「嫌韓のシンボル」として使い続けると本物のシンボルになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする