ベジタリアンは脳卒中のリスクが20%高い?

ベジタリアンは脳卒中のリスクが20%高いという研究結果
以下は、記事の抜粋です。


肉を食べないというベジタリアンは肉の持つ「脂質」や肉を加工する際に使用される添加物を摂取しないため、一般的に健康的だと考えられています。しかし、「ベジタリアンは脳卒中のリスクが高くなる」という研究結果が発表されています。

オックスフォード大学の研究チームは平均年齢45歳の4万8188人の18年間にわたる調査データから、非ベジタリアンとベジタリアンの脳卒中の可能性を計測しました。

病歴や喫煙、身体活動など脳卒中に関わりがあると考えられる要因を考慮に入れて非ベジタリアンとベジタリアンの脳卒中のリスクを算出した結果、ベジタリアンは脳卒中のリスクが非ベジタリアンに比べて約20%高く、心臓病の一種である虚血性心疾患のリスクが22%低くなると判明。また、「魚以外の肉は食べない」というペセタリアンは脳卒中のリスクが非ベジタリアンと同等で、虚血性心疾患のリスクはベジタリアンよりも13%低くなったとのこと。


元論文のタイトルは、”Risks of ischaemic heart disease and stroke in meat eaters, fish eaters, and vegetarians over 18 years of follow-up: results from the prospective EPIC-Oxford study”です(論文をみる)。

ペセタリアン(Pescetarian)という言葉は知りませんでした。エビ、カニ、タコ、カエルなどはどうなるのでしょうか?私も「ベジタリアンになればあらゆる病気のリスクが下がる」というのは誤解だと思います。

先日「糖質制限ダイエットをしているけど、ケーキは別」と言っていたヒトがいました。そんなベジタリアンが好きですけど、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする