「アマゾンは地球の酸素の20%を生産」は誤り

「アマゾンは地球の酸素の20%を生産」は誤り「地球の肺」も不正確、アマゾンを保護すべき本当の理由
以下は、記事の抜粋です。


アマゾンで猛威を振るう森林火災のニュースが先週から世界中を駆け巡っている。だが、アマゾンの熱帯雨林の重要性を伝える際に、誤解を招く主張が何度も繰り返された。それは、地球の酸素の20%をアマゾンが生み出しているというものだ。

だが、この20%という数字は、まったくの過大評価だ。大気中に含まれる二酸化炭素は0.5%未満なのに対し、酸素は21%だ。たとえ吸収した二酸化炭素分子と同じ数の酸素分子を木が排出するとしても、大気中の酸素の5分の1もの量をアマゾンが作り出すことは不可能だ。

むしろ、人間が呼吸する酸素に対するアマゾンの純貢献量は、ほぼゼロと考えられる。木は酸素の生産者であるだけでなく、消費者でもある。日中に蓄えた糖をエネルギーに変換する細胞呼吸の過程で、酸素を使用するからだ。したがって、光合成に必要な太陽がない夜間には、正味の酸素消費者になる。木は生産する酸素の半分強を呼吸で消費しているという。その残りは、おそらくアマゾンに生息する無数の微生物によって使い果たされている。

このように酸素の生産と消費が釣り合っているおかげで、現代の生態系では、大気中の酸素濃度はほとんど変化しない。人間が呼吸している酸素というのは、海洋の植物プランクトンが数十億年にわたり着実に蓄積してきた遺産なのだ。

大気中の平均酸素濃度を左右するプロセスは、長大な地質学的タイムスケールで起こるものであり、現在進行中の光合成の影響はほとんどない。


「アマゾンは大気中の二酸化炭素の吸収に大きく貢献する」というメッセージは正しいので、アマゾンの火災は二酸化炭素の増加による地球温暖化には効いてくることは間違いないと思います。

フランスのマクロン大統領やレオナルド・ディカプリオ氏らの気持ちは良くわかりますが、誤ったメッセージを堂々と発表して誤解を広めるのは止めて欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする