逆に命の危険も!? 熱中症対策のミニ扇風機に注意

逆に命の危険も!? 熱中症対策のミニ扇風機に注意
猛暑も終わりかもしれませんが、今年はやったミニ扇風機についてのおもしろい記事があったので、紹介します。以下は、記事の抜粋です。


「暑い屋外で、扇風機だけを使っていると、逆に熱中症を招く危険もあります」

そう警告するのは、江東病院の三浦副院長だ。ミニ扇風機がはやりだした昨夏から、「扇風機で風をあてていたのに、倒れた」患者が出始めたという。

なぜなのか。「汗は蒸発するときに、体から熱を奪い、体温を下げる役目をします。だが、高い外気温のなかで扇風機だけを使うと、熱を奪う前に汗だけが乾き、体温は上がったままになる。脱水症状を引き起こし、重症化すれば命の危険もあります」(三浦副院長)

ミニ扇風機を首あたりに向けるおなじみの光景も、暑さによっては、実は危ない行為だという。

「35度を超える気温のなかで、扇風機の風を首にあてるのは、ドライヤーの熱風をあてるようなものです。首には頸動脈という太い血管がある。熱い血液が首から脳、体中にめぐってしまうわけです」(同)

では、ミニ扇風機を屋外で使うには、どうしたらいいのか。水を霧状に噴射するスプレーボトルやぬれタオルを一緒に使うことが重要だという。ぬらした肌から水分が熱を奪って蒸発してくれるからだ。液体を噴射するタイプの化粧水の空き瓶に、水を入れて持ち歩くのもおススメだ。


記事の話が本当だとすると、汗をあまりかかないヒトはミニ扇風機は使わない方が良さそうです。もちろん、霧吹きを持って歩けば別ですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする