反体制活動で気を付けるべきこと

中国、SNSで香港デモに対し「情報作戦」 ツイッターとFB発表
以下は、記事の抜粋です。


SNS大手のTwitter(TW)とFacebook(FB)は8月19日、中国が香港の民主派デモに対抗する活動を自社サイト上で行っていたことが分かったと発表した。

TWは公式ブログへの投稿で、「国家の支援を受け、香港の状況、特に抗議運動と政治改革の要求に焦点を当てた重大な情報作戦があったことを公表する」と発表。またFBは、TWからの情報提供を受け、中国を発信源とし、香港に的を絞った「組織化され、真正ではない行為」に関与していたページ、グループ、アカウントのネットワークを削除したことを明らかにした。

TWは、中国発のアカウント936件を停止したと発表。TWは中国本土では接続が遮断されており、停止されたアカウントの多くはユーザーの位置情報を偽装するVPNを用いていた。

一方、FBのサイバーセキュリティー対策部門責任者Nathaniel Gleicher氏によると、同社は香港に焦点を絞った活動に参加していたとみられる中国本土発のページ7件、グループ3件、アカウント5件を削除した。

Gleicher氏によれば、同活動の従事者らは、偽アカウントなどの「偽装戦略」を用い、報道機関を装ったり、コンテンツを拡散させたり、人々をニュースサイトへ誘導したりしていた。


反体制活動を潰す最も効率的な方法は、反体制組織に体制側のスパイを送り込んで、過激な発言や行動をさせることです。現代では、体制によってスパイに指示された暴力的抗議行動を撮った写真がSNSにアップされるのでしょう。こういうスパイの特徴は、逮捕されても直ぐに出てきて同じような活動をすることです。反体制活動をされている普通の皆様は気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする