ヨーロッパ各国の発電方法が18年間でどう変わったのか…ひと目でわかるグラフ

ヨーロッパ各国の発電方法が18年間でどう変わったのか…ひと目でわかるグラフ
以下は、記事の抜粋です。


ヨーロッパの多くの国が、環境への負担が少ないクリーンエネルギーの比率を上げようと努めていますが、同じヨーロッパの国でも違いは大きいようです。

2000~2018年に、ヨーロッパ諸国の発電方法がどう変遷したのか、ひと目でわかるグラフが海外掲示板で話題になっていました。

オランダは風力発電かと思っていましたが、そうでもないようです。日本のデータは、2016年までの変遷を調べたものしかみつかりませんでした(下図)。原発が事故以来激減してその穴のほとんどを化石燃料が埋めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする