血清尿酸値が高い方が認知症リスクが低い

アルツハイマー病と血管性痴呆の尿酸とリスク:集団ベースの研究
以下は、論文の抜粋です。


[イントロ] 血清尿酸の減少は抗酸化力が損なわれるために、認知症リスクが増やすことが示唆されている。一方、血清尿酸が高いと心血管リスクが増加し、認知症リスク、特に血管性認知症のリスクが増える可能性がある。

[方法] 1968~69年に38~60歳の女性1,462人を44年間(平均33.1年)追跡調査した。我々は、血清尿酸値(1968〜69年および1992~94年に測定)と認知症リスクとの関連を調べた。

[結果] 44年の追跡調査期間の間、高血清尿酸値は、認知症(n=320、ハザード比[HR]:0.81、信頼区間[CI]:0.72~0.91)、アルツハイマー病(n=152、HR:0.78、CI:0.66~0.91)、および血管性認知症(n=52、HR:0.66、CI:0.47~0.94)におけるより低いリスクと関連していた。

[議論] 今回の結果は、認知症サブタイプにかかわらず、血清尿酸が認知症発症に対して保護的役割を果たすという仮説を支持する。これは、痛風患者の認知症治療と高尿酸血症治療において、重要な意味を持つ可能性がある。


なかなか興味深い論文です。私の友人の一人は無症候性の高尿酸血症ですが、高尿酸が腎臓に障害を与える可能性があるため、フェブキソスタット(フェブリク®)を飲んで下げています。認知症にならないためには飲まない方が良いのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする