運動不足は、認知症の直接の原因ではない。

身体的不活動、心臓代謝性疾患、および認知症のリスク:個人参加型のメタアナリシス。

以下は、論文の結論です。


Conclusions In analyses that addressed bias due to reverse causation, physical inactivity was not associated with all-cause dementia or Alzheimer’s disease, although an indication of excess dementia risk was observed in a subgroup of physically inactive individuals who developed cardiometabolic disease.(和訳:逆の因果関係によるバイアスを除いたメタ解析によると、運動不足はすべての原因による認知症やアルツハイマー病との関連を認めなかった。一方、糖尿病、冠動脈性心疾患および脳卒中などを発症した運動不足のグループでは認知症リスクが高かった。)


運動不足は、認知症の直接の原因ではなく、運動不足による生活習慣病が認知症リスクを高めるだけだったという話です。まあ、それでも良いか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする