人間のひげ、実は犬よりばい菌だらけ

人間のひげ、実は犬よりばい菌だらけ=スイス研究
以下は、ビデオと記事の抜粋です。


ひげ自慢の人にとって残念な研究が発表された。スイスにあるヒルスランデン・クリニックが、男性のひげと犬の毛に付いた細菌の数を調べたところ、犬よりも人間の男性のひげの方が細菌だらけなことが分かったと発表した。

そもそもは人間用のMRI(磁気共鳴断層撮影)装置が犬にも使えるか調べるための調査だったが、予想外の結果が出た。

論文の筆頭著者で放射線科医のアンドレアス・グートツァイト教授は、「今回の結果から、ひげの男性よりも犬の方が清潔だと言えそうだ」と話した。


元論文のタイトルは、”Would it be safe to have a dog in the MRI scanner before your own examination? A multicenter study to establish hygiene facts related to dogs and men.”です(論文をみる)。

論文は4行の方法と9行の結果しか書かれていない簡単なもので、ヒトは18名、イヌは30頭という小規模な実験です。また、用いられたイヌが実験用なのか家庭で飼われているものかも不明です。

ということで、「イヌよりも不潔」という結論をどの程度重要と考えるかは疑問だと思います。むしろ、ひげと髪の毛を比べてみて欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする