熱湯を空中で凍らせるチャレンジ

大寒波のアメリカで「熱湯を空中で凍らせるチャレンジ」が流行するも…やけどして病院送りになる人が続出
以下は、記事の抜粋です。


マイナス数十度の世界では、熱湯を空中に散布すると一瞬にして凍り付きます。大寒波のアメリカでは、この「熱湯を空中で凍らせるチャレンジ」が流行しているのですが……。失敗してやけどを負い、病院に搬送される人が続出しるとのことです。

マイナス数十度の寒波に襲われているアメリカでは、こうした映える写真や動画を撮れるのは今だけだと、多くの人がチャレンジしているのだとか。しかし、失敗してしまうケースが続出しています。シカゴでは試した本人だけでなく周囲までやけどさせてしまった例もあるとのことです。

危険な行為なので、やけどするような熱湯を使わないようにと専門家は警鐘を鳴らしています。


中国の東北地方へ行った時。マイナス17度を経験しましたが、今年アメリカを襲っている寒波はかなりすごそうです。シカゴでは、南極よりも寒いマイナス30度を記録したということです。日本とくに関西の家は、台風や自身には備えていても、寒さにはあまり備えていないので、外があまり寒く無くても、体感的にはかなり寒く感じます。

YouTubeには非常に多くの同様の動画が投稿されています。以下の動画は、中国の黒竜江省の呼中というところ行われたイベントです。さすがは中国、スケールが大きいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする